映像制作ならDVDから4Kまで自社制作可能なデキサへ

カメラ撮影動画からCG・イラストアニメまで一貫自社制作

制作現場イメージ写真映像にはカメラによる実写動画や、コンピュータによるCGなど、様々な表現方法が含まれています。映像を構成するこうした様々な要素を可能な限り自社内で制作し、アウトソーシングをせずに制作したい。そんなコンセプトから私たち「デキサ」はスタートしています。 数社が協力しあって作品を制作する一般的な方法にもメリットはありますが、クライアントから遠くなるにつれ、作品コンセプトや狙いもまた伝言ゲーム状態の中で薄れていきます。こうしたデメリットを克服する一つの方法論が、今で言う「ワンストップ制作体制」でした。 実写動画の撮影は、創業当時から放送用機材を保有・運用することにこだわり、2007年から導入を開始したHD撮影機材、そして2015年に導入を開始した4Kカメラへと、常に時代の最先端をいく最高水準の設備を運用し続けています。 CG部門に至っては多くの在京キー局の有名テレビ番組に採用され、他の映像制作会社のアウトソーシング先として単体で機能しています。 それぞれの分野で専門会社と同等のクオリティを持ちながら、映像制作の最初から最後までをワンストップで手掛けることができる映像制作会社、それが私たちデキサです。

常に時代の最先端を行く映像制作技術を導入

映像制作はハードウェア抜きに語ることはできません。撮影に使用するカメラ、編集に使用するワークステーションなど、制作過程は言うに及ばず、制作した動画や映像を再生するためにもBlu-rayプレーヤーやパソコンなどのハードウェアが必要になります。デキサでは常に時代の要求にお応えできる最新の技術を導入して映像を制作しています。

4K機器導入で映像美を磨く

4Kカメラ撮影現場イメージデキサは常に最新の映像技術を取り入れて高いクオリティの映像を制作し続けます。デジタルシネマカメラや、色やコントラスト調整のためのグレーディング設備、そして編集設備まで、4K作品を一貫制作できる機材を自社で購入して導入したことも、この姿勢の裏付けです。 HDの4倍の情報量を持ち、35mm映画フィルムを彷彿とさせる高精細、そして高い表現力を持つ4Kは、まさに次世代の映像フォーマットにふさわしいものです。 機材を導入するばかりか、すでにデキサは数多くの作品で積極的に4K機材を運用し、多くのノウハウを蓄積しながら実績を上げています。 テーマに忠実かつ大胆な映像演出テクニックと、最新の映像制作環境が生み出す最良の作品制作、それがデキサの真骨頂です。 >>4K映像制作の詳細

 

幅広いジャンルを網羅

デキサは制作する映像のジャンルを問いません。教材物からエンタティメント作品まで、幅広く制作してまいりました。中でもスポーツやメディカルといった分野に強く、多くの実績を持っています。
もちろん全国ネットされているメジャー番組においてもCG制作やロケーションコーディネートなど長年の映像制作の経験を基にした高度な技術を提供しています。

医療映像・医学映像制作

インフォームドコンセント動画制作デキサはジャンルを選ばず様々な映像を手掛けておりますが、中でも多くの実績を持っているのが医療分野における映像制作です。インフォームドコンセント(IC)用動画、医薬品作用機序動画、医療スタッフ募集広報映像、手術などの手技解説動画、さらに研究機関における研究開発コンセプトムービー等々、その制作目的は様々です。
クライアント様も幅広く、医療機関、医科大学、製薬会社、研究機関など、医療に関わるあらゆる法人・機関からのご発注をいただいております。もちろん医療関連企業様以外にも印刷会社、広告代理店などからの下請け発注も多数いただいております。
難易度の高い医療・医学分野の映像ではありますが、弊社では「映像制作のプロ」として、コンプライアンス意識が高く、しかもわかりやすい映像演出を最優先に心掛けながら「最良のさじ加減」の映像を提供しております。 >>医療映像制作の詳細

介護映像制作

インフォームドコンセント動画制作 デキサが近年力を入れているのが介護業界向けの介護技術教材動画や施設紹介動画などの制作です。
インターネットを通じて頒布したり、またDVDなどで配布するなど、活用の幅が大きく、コストパフォーマンスも高い介護分野の映像制作。
扱う題材は幅広く、医療映像で一定の評価を得てきた私たちデキサならではの経験に裏打ちされた確かな映像を提供させていただきます。
内容に合わせて最適な監修者の選定から弊社ではご相談に応じさせていただきますので、クライアント様はオーダーをするだけのストレスフリーです。 >>介護映像制作の詳細

スポーツ映像制作

スポーツ映像デキサが得意とする分野に「スポーツ映像」があります。とかく感覚的な話が多くなるスポーツを、フォームや戦略などすべての点において理論的かつ分析的目線で映像化するのがデキサのポリシーです。ハイスピードカメラを用いた1000分の1秒を科学する映像、クレーンカメラを用いた多アングル撮影、そしてCGを駆使した概念の可視化といった、近年のスポーツ映像に欠かせない最新の技術をもって制作にあたります。
また、テレビ番組制作の現場で培ってきた「人の体温を感じさせる映像演出」が、スポーツのもう一つの側面である人間臭さを映し出します。
科学の視点とドキュメンタリーの視点の両立、こうした姿勢は多くの有名選手の方々から圧倒的な支持を得ており、過去にも多くの有名選手の方々の御指名をいただくまでとなっております。 >>スポーツ映像制作の詳細

バラエティ番組

スポーツ映像デキサは映像制作を主体としつつも、数多くの番組にCG動画を供給することで、テレビ業界に貢献しています。デキサがCG制作で参入している番組は『今でしょ!講座』『Qさま』『行列のできる法律相談所』『いきなり黄金伝説』など、テレビ史上に残る有名番組ばかり。制作現場が忙しく、タイムスパンが短いこうしたゴールデン枠の番組制作現場の実情を、同じ映像制作者の立場から深く理解し、求められる要求水準を満たす優れたCG動画を提供することで、多くの現場スタッフの方々から高い評価をいただいております。 >>テレビバラエティ番組CG制作の詳細

映像制作のコストについて

映像制作を制作会社に依頼する際に気になるのは「値段」「見積」などではないでしょうか。HDや4Kが一般的になり、高額化していく映像制作業界のコストですが、適正価格を理解した上で制作を依頼することが依頼主にとって、無駄なコストを回避するための唯一の手段と言っても過言ではありません。 ここでは、映像制作を依頼する際に知っておいたほうが良いコストについて詳しく解説しているページをご紹介します。ぜひご一読ください。

映像制作の費用について

商品紹介や会社案内など、一般的にカメラで撮影して編集することで制作を行う映像制作のコストについてくわしく解説しているページとなります。弊社では概ね200万円前後のミドルクラスのコンテンツ制作を得意としています。 >>映像制作の費用について

CG制作の費用について

近年での映像制作では一般的になりつつあるCGの製作費についての解説ページです。 弊社ではカメラ撮影動画の中に挿入されるCGカットの制作から、フルCGコンテンツまで、幅広く対応しています。 >>CG制作の費用について
  

最新情報

PAGETOP
Copyright © 映像制作のデキサHD(株) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.