4K映像制作

高精細な4K映像制作システムを導入

浄水器4Kロケ私共は創業当初から常に最新の映像技術を取り入れてまいりました。
2000年から導入したフルデジタル制作や、2007年に導入したデジタルHD制作と、これまでにも常に最新の映像制作システムを積極的に導入してお客さまに最善の技術環境を提供してまいりましたが、2015年4月からは、さらに上位の高精細フォーマットを提供することになりました。それが4Kです。
4Kは3840×2160ピクセル、もしくは4096×2160ピクセル(※参照…4K解像度の詳細)という大解像度で動画を収録する新しい映像フォーマットで、身近なところでは、映画館の上映システムや、映画撮影などに用いられています。また、テレビも近年では4K対応しているものも少なくありませんので、言葉としては耳にする機会が増えているのではないでしょうか。その4K撮影機材を弊社では自社で購入し、運用を開始いたしました。
まず、2015年4月15日からロケが始まった公立南丹病院様のナースリクルート映像作品で、デキサとして初の4Kロケを行い、また、同月21日に制作が始まった浄水器販売会社エルシーエー様の商品紹介動画作品においては商品撮影などを行いながら、実際の制作現場で4Kカメラの運用実績を積んでいます。
ぜひ、貴社の広報戦略に、最新の映像フォーマット、4Kをご活用いただけたらと思います。
>>4K解像度の詳細
>>4Kデジタルシネマカメラ詳細

35mmフィルムを凌駕する4Kの豊かな情報量

4K4Kの魅力は何といってもその解像度の高さです。フルHDに比較して4倍以上という情報量は、まさにフィルムに匹敵、もしくは凌駕する圧倒的な精細感を生み出します。
もちろんフィルムとビデオは基本の原理がまったく違いますので一概には言えませんが、HDが16ミリ相当の精細感だとすると、4Kは35ミリ映画フィルム相当の精細感と理解していただければよいのではないでしょうか。(もしくは視覚的に35ミリ以上の精細度が得られているとの見方もあります。)
下の比較写真をご覧ください。左がフルHDで撮影した街の風景。右が4Kで撮影したものです。両者を比較すると、その精細感の違いは一目瞭然です。これだけ大きく拡大しているにも関わらず、4Kではザラツキすら感じさせないなめらかな画像が得られるのです。

HDと4Kの比較写真

また、4Kは、そもそも映画の制作や映画館での上映での用途が先行しており、フィルムの代替として十分機能しているフォーマットです。解像感だけでなく、フィルムの置き換えとして十分な表現能力が4Kの魅力ともいえるでしょう。
特に階調表現につきましても、黒(0%)から白(100%)までの幅を圧縮して10bitのビデオフォーマットで撮影するか、16bitのRawデータとして撮影して、編集段階でグレーディングという作業を行い調整する方式ですので、イメージ通りの階調表現を行いやすく、自由度が高い映像作りが可能です。
まさに「動く写真」という趣のある映像表現が、デキサの映像作りの魅力をさらにひきたてます。

 

自社で4K機材を導入する利点

lca3HDカメラのときも同じでしたが、自社でカメラを購入する利点は数多くあります。特に重要なのが、私共自身が「4Kとは何か?」という本質的な理解を進めやすいことです。
新しい機材やフォーマットが現れたときに、その新しい何物かに対してどのようにアプローチしていったらいいか?これは多くのクリエイターにとって大切な命題です。その命題に対して明確な答えを出すためには自社で機材を保有し、普段からその機材に触れることが大切であろうと思います。
また、コストという点から見ても、自社でカメラを保有することは大きなメリットがあります。
使いたいときにいつでも使えるというのは、クライアント様にとっても大きなメリットではないでしょうか。デキサの4Kカメラは、もうすでに「ここにある」のです。どうぞ存分に最新の制作環境をご活用ください。

4KとHDの活用方法

tukaiwake現在制作される作品は、ほとんどの場合、DVDもしくはBlu-rayでの完パケとなります。そのため4Kはオーバークオリティとなります。その上、まだまだ撮影の自由度という点からしても4Kカメラは発展途上であり、改良の余地があります。つまり多くの作品において、4Kそのままのフォーマットで最終完パケまで進めることはほとんど無く、当面は一つの作品中で4Kカメラを使うべき場面と、HDカメラを使うべき場面に分かれるということになります。
弊社では4KカメラとHDカメラの持っているそれぞれの特性を十分理解した上での使い分けこそ、時代が求める運用ノウハウであろうと考えています。
弊社の方針としては、基本的な考えかたとしては、4K収録は商品紹介カットなどで用います。そしてドキュメンタリーシーンなどの撮影はHDのENGカメラを積極的に活用してまいります。

>>4KデジタルシネマカメラとENGカメラの使い分けについて

高解像度を生かしたコンテンツ制作

ところで、今現在完パケに使用されているのは多くの場合HDのBlu-rayやSDのDVDとなり、いずれも4Kより低い解像度です。最終的に作品として完成形がこうしたHDやSDであるならば、4Kという高精細フォーマットを用いて映像作品を制作する意味はどこにあるのでしょうか。
ここでは、4Kの精細度の高さを活かした活用方法について触れてみたいと思います。

印刷物に4Kの静止画を活用する

4K静止画事例解像度が高いということは、映像がキレイという以外にも様々な利点を生みます。例えば、映像コンテンツと印刷物を同時に制作するような場面です。
従来は動画の撮影と印刷物用の写真撮影を別々に行っていました。動画の解像度と、印刷物に求められる解像度の間には大きな差があったからです。
フルHDの解像度は1920×1080ピクセルです。しかし、そもそもこのフルHD解像度で撮影できるカメラが放送業務用HD機器では少なかったという事情があり、とても印刷物にそのまま活用できる静止画をHD動画から切り出すことはできませんでした。
例えば放送用のHDレコーダー「HDCAM」の記録解像度は1440×1080ピクセルの155万画素です。同じく放送用の「DVCPRO-HD」は1280×1080ピクセルの138万画素です。つまりカメラスルー(カメラからの出力)がフルHDであったとしても、記録するVTRの解像度がフルHDではなかったのです。
一般的なデジカメと比較すると、600万画素のデジカメでさえ3000×2000ですから、解像度は圧倒的にスチルカメラのほうが高いのです。
しかし4Kなら3840×2160ピクセルの829万画素と解像度が高いので動画ファイルからそのまま静止画を切り出すだけで印刷物に十分使用することができます。

左の桜の写真をクリックしてみてください。4K動画から切り出した一コマの原寸大静止画ファイルをご覧いただけます。この解像度で60フレームの撮影が可能な上、静止画としても美しいクオリティが得られるのです。

DVD-BOOKでの活用例

例えば今では数多く制作されているDVD-BOOKなどの出版物の制作過程に4Kカメラを導入した場合、写真撮影のコストをカットすることができます。動画撮影を行う際に4Kカメラを使用し、その動画ファイルから書籍に必要なフレームを静止画で切りだすことで書籍用の静止画として使用することができるのです。
そればかりか、動画カメラからの静止画切り出しは「シャッターチャンスを逃さない」という大きなメリットがあります。
4K動画カメラなら最大で毎秒60コマの撮影が可能ですから、流して撮影するだけで一瞬のシャッターチャンスも逃しません。いかにデジタルスチルカメラの連写性能が高かったとしても、ニコンのD7000ですら毎秒6コマ、最大連写コマ数は31コマ(LサイズFINEモード)と、大きな差があります。
大切な一瞬を効率よく撮影することができるのも、4Kカメラによる印刷物制作の利点です。スポーツやエクササイズなどの撮影では特に効力を発揮することでしょう。

圧倒的な高解像度で合成もキレイに

croma合成素材としても4Kは効果的に活用することができます。VP制作において近年増加傾向にあるのが合成を活用した映像制作です。
合成の品質を決定するのは何を置いても「輪郭」です。例えば人物と背景を合成するような場合、人物の輪郭にどうしてもノイズがまとわりつくことが多いですが、HD解像度でもまだ満足いく結果は得られませんでした。
しかし4K解像度で素材を収録し、合成作業まで4Kで行うことによって、この輪郭の不自然さを軽減することができます。
最終的にHD以下の解像度にダウンコンバートして完パケを制作するならなおさら、その不自然さは軽減されます。4K制作を行うことによって、合成であることすらほとんど感じさせない高いクオリティの合成カットを制作することが可能になるのです。
もちろん合成カットの背景で多く活用されている三次元CGも、弊社の場合は4K制作に対応している上、最終的に色調整を行うための専用ソフト環境も揃っておりますので、より高度な合成を行うことができるのです。
>>4Kデジタルシネマカメラ詳細

もちろん4K解像度での完パケも受注

展示会場での上映の様子HD作品における4Kシステムの活用だけでなく、もちろん4Kのネイティブ解像度での編集やエンコードも行っています。
例えばイベント会場に4K解像度のプロジェクターやモニターがあるなら、4Kで上映しない理由はありません。ぜひ積極的に高解像度フォーマットの美しさを体感していただければと思います。
2018年4月現在、弊社デキサでは編集システムを刷新し、4Kの重たい映像ファイルを余裕をもって扱える16コアのCPUを搭載したワークステーションを導入いたしております。
>>イベント展示映像制作の詳細

4Kでこそ活きるサラウンド音響

映像におけるサラウンド音声高精細な映像には高精細な音造り。4K作品でこそぜひ活用していただきたいのがサラウンド方式の音声制作です。特にプロジェクター(映写機)を使った4K上映なら、大画面とあいまって、視聴者を囲むスピーカーから縦横無尽に包み込むようなサラウンドの立体的な音響が臨場感を生むことでしょう。
映像によるプレゼンテーションは、ある意味で「迫力勝ち」の側面を持っています。シズル感の高い4K映像、迫力ある4Kの三次元CG、そして観客を包み込むサラウンド音響。これらの組み合わせは貴社のコーポレートアイデンティティをさらに高めることでしょう。
>>音声制作の詳細

時代を追いつつ基本に忠実な映像制作技術

デキサはテレビ番組からウェブ動画まで、一貫して「高いクオリティをリーズナブルに」というポリシーで制作を続けています。

映像企画プロデュースプロデュース
プロならではの映像企画の内容をご紹介。
映像演出映像演出
視聴者の眼を釘づけにする映像演出の紹介。
動画撮影/映像撮影技術動画撮影
最新技術を駆使したデキサの映像撮影技術。
映像編集映像編集
作品を活かすも殺すも編集次第。その秘訣を紹介。
映像の音声制作音声制作
ナレーションやBGMなど音声の制作について。
映像制作の費用/料金映像制作費用
気になる映像制作の料金を細かく解説。

>>映像制作TOP