科学・サイエンスCG制作タイトル

サイエンスをCGで描く利点

科学・サイエンスなど、理論や概念を映像として可視化したい。そんな時こそ、三次元CGの活用を考えてみてはいかがでしょうか。
動く動画による表現は専門家以外の方々にも理解しやすく、広く一般に理解を求める場合にも有効な手段となります。
また、デザインを少しひねることによって、科学の理論をエンタティメント的に描くことも、アカデミックに描くことも自由自在。視聴者層を想定した映像作りに大きく貢献することができます。映像制作会社ならではの提案力で最適なCGのデザインプランをご提案させていただきます。
宇宙が身近になったとはいえ、まだまだ誰もが足を運べる場所ではありませんし、量子トンネルなどの効果が工業製品の製造に影響を与える理論として一般化したとはいえ、まだまだそのような小さなものを誰もが目にすることができる時代にはなっていません。ここはぜひCGという、もっともわかりやすい方法論を使って映像化してみてはいかがでしょうか。私たちデキサがお手伝いいたします。

サイエンスCGイメージ

多くの実績を持つデキサ

デキサは今までテレビ番組や医療分野のDVDなどにおいて、DNAの複製の概念やタンパク質の合成、さらにはコラーゲンの分解など、実に多くの映像を今まで制作してまいりました。
もちろん太陽系、宇宙船、原子など科学の分野を映像にするために必要な一連の基礎モデルも蓄積しています。こうした資産を有効に活用しながら、効率の良い制作を行うことが可能です。

例えば宇宙を映像化

宇宙の映像化は弊社も多くの実績を持つ分野です。NASAの映像が公開されているとはいえ、実写動画だけで映像作品を作ることはできません。どうしても必要となるのが三次元CGです。宇宙のどこからでも、それこそ数億光年のかなたからの目線で描くことも可能です。
想像力から生まれる映像を三次元CGの活用によって現実のものにすることができるのです。ぜひ多くの案件で気軽にご活用くださいますよう、弊社ではコストパフォーマンスの高い制作システムづくりから行っています。

太陽系CG動画

例えば太古の地球を映像化

地学などの分野もCGが多く使われる分野です。時代をさかのぼり、どうして今の地形が完成したのか?こうした地形の成り立ちを動画で見ることができるのもCGならではの楽しさです。
数億年の時間をたった10秒で描くことができますので、視聴者はタイムトラベラーになった気分で地学の知識を学ぶことができます。
文字とイラストだけではなかなか伝わらないアカデミックな世界の面白さを、ぜひ映像で広く浸透させることができたらと思います。

地形地学CG制作

CGだけではありません!映像作品として納品可能

CGだけでなく撮影も可能デキサはCGを作れる映像制作プロダクションです。部品としてCG動画カットを納品するだけではなく、映像作品として撮影、編集、ナレーションなど音声制作、そして最終完成品としてのDVDや公開用のウェブ用動画など、完成品の映像作品にすることが可能です。
CG制作を含めて映像制作の最初から最後まで一社の中で完結するため、作品イメージの乖離などが起きにくいのもデキサならではの魅力です。
いわゆる「CGを活用した映像作品」を最終的に完パケにしたい場合などは、ぜひデキサにご相談ください。優れたコストパフォーマンスだけでなく、より効率よい制作フローをご提供いたします。
>>サイエンス系映像制作の詳細

>>CG制作トップ

博物館映像用CG