CG制作&CG制作会社

交通事故再現・教習用CG動画への参入

弊社デキサでは運転者向けの教習用動画制作の受注を開始いたしました。その中でも特に交通事故の状況説明用の動画は実写のドライブレコーダー動画などを使うわけにはいかないケースが多く、動画素材や表現手法が限られるため三次元CGの活用が現実的です。
弊社では長年、ニュース番組やワイドショーなどのテレビ番組向けに事件や事故の再現映像を制作してきましたが、そのノウハウを教習用動画制作に活用していただけるよう、様々なコーディネートを行っています。

事件事故再現CG画像の例

状況を正確に再現するための徹底した採寸と取材

運転者向けの教習動画の目的は「なぜ事故が起きたのか?」「どうすれば事故は防げたのか?」を、視聴者が事故をバーチャルに体験することで把握し、今後に生かすことです。そのために重要なことは、視聴者が危険予測することができるレベルで事故の状況を正確に再現することです。
弊社デキサでは、実際に交通事故が発生した現場にスタッフを派遣し、道路などの構造を細かく採寸。路肩の段差に至るまでリアルに道路状況を再現します。そして正確に再現された道路の三次元モデルの中で車両などの三次元モデルを動かします。
また、車両そのものの採寸も独自に行います。内輪差を正確に再現するための最小旋回半径の計測やオーバーハングの計測、運転者からの死角を再現するために必要な運転席のダッシュボードの形状の計測など、細やかな採寸を行います。
こうした地道な作業が、交通事故の「ヒヤリ・ハット」を視聴者に追体験させることにつながり、新たな事故の防止に役立つものと確信しています。

モデリングイメージ

事故当時の明るさや光の状態を再現

交通事故の原因ともなりうる太陽光の向きや明るさ、そして天候なども、三次元CGなら正確に再現することができます。事故現場の周囲の建物をモデリングし、その間からどのように光が差し込んでいたかも再現することが可能です。
近年の三次元CG制作ソフトには緯度・経度や時刻などのパラメーターを入力することで太陽光の向きなどを正確に再現することができる機能が備わっています。こうした機能を活用し、事故当時の状況を正確に再現することは状況を理解するためには欠かせない作業です。
私たちデキサはソフトウェアのこうした進化を踏まえ、さらにリアリティの高い事故再現CG動画の制作に努めます。

事件現場再現CG

優れたコストパフォーマンス

弊社デキサはテレビ番組向けのCG動画制作で実績ある会社です。そのため特急CG制作を行っているため「いかに時間をかけずにハイクオリティな動画を作成するか?」を突き詰めています。当然、時間がかからなければコストは下がります。ここで浮いたコストを「正確性の確保」に回すこともできますし、反対に「制作費の圧縮」に回すこともできます。
作品にもよりますが、CGのカット数が多い映像作品の場合は特に制作費が高くなることがありますが、弊社の優れたソリューションをご活用いただければ、相場よりも安価に交通事故の再現映像を作成することができる可能性があります。

メディアミックス展開が可能

三次元CGは一度作ってしまえば様々なメディアに展開が可能です。動画を作るために制作した三次元CGデータから高解像度の印刷物用の静止画をレンダリング出力することもできます。つまり、同一の三次元形状ファイルから動画や静止画を問わず、どのような用途にも展開することが可能なのが三次元CGのメリットの一つです。
交通事故の事例を動画で制作した上で、付属資料として印刷物も作成するなど、マルチな展開ができることもCGの魅力であり、また、マルチな展開をすることによってコストパフォーマンスの高いメディアになる可能性があります。

各種媒体に転用可能

>>CG制作トップ