映像制作の現場から

修正と訂正・変更の違い

テレビ番組のCGを作っていて一番精神的にこたえるのが「修正」や「変更」です。ディレクターさんからいただいたコンテ通りにCGを作っても、プロデューサーのプレビューでひっくり返されて、CGの内容を変更する必要性に迫られるわけです。

プレビューは大抵プロデューサーとディレクターで行います。私らCG屋が同席することはありませんので、プレビューが終わってから、ディレクターやADから電話がかかってきて「修正をお願いします」とくるわけです。
ところが、これを「修正」と言われてしまうと、コンテ通りにキチンと作っているのに、まるでこちらに非があるようにしか聞こえません。
「修正をお願いする」という言葉には、「瑕疵や間違いがあるからそこを正してほしい」という意味があります。ところがこちらの作ったものに間違いはありません。コンテ通りに100%作っているんです。ただ、途中でお客様都合で内容をひっくり返されただけです。

もしこれで私たちの間違いだというのなら、コンテは何のためにあったのかと言いたくなります。だってこちらが作ったCGはコンテ通りにできているし、クオリティだって要件を満たしている。それなのに「修正をお願いします」というわけです。こちらには全く非が無いのにです。

こういう時は「修正」ではなく「訂正」や「変更」ですよね。「訂正・変更をお願いします」が正しい日本語です。

修正は無料ですが訂正や変更は当然有料です

言葉の意味はともかくとして、こちらに非が無いのに内容の指定を変更されて、それを無料で作り直すのはおかしな話です。このようなおかしなことは下請法でも認められていないでしょう。ところがこれだけコンプライアンス意識が高まっている映像業界なのに、まだ「変更も含めて予算の中で」ということをおっしゃる制作さんが多く、言葉につまります。

こちらに非があって間違いがあり、修正依頼があったなら、それは100%こちらのミスなのですから当然無料で作り直します。しかし指定通りの内容に作ったものを、後からお客さんの都合で作り直すのなら、これは「内容指定変更」ですから当然料金が発生します。

例えばこれがビル建設の現場だったらどうでしょう。設計図通りにビルを作ったのに、建てた後で設計図に変更が入った場合はどなたの責任でしょうか?現場の責任でしょうか?設計の責任でしょう。

修正と変更の意味を間違っている

先ほどのビルの例えで言うと、設計図に変更があったのに「修正をお願いします」は違うでしょう。修正という言葉は、作り手に手違いがあって依頼者の指定通りになっていない場合などに使う言葉で、依頼者の都合で設計図そのものを変更する場合は「変更」です。
ところが、内容をまったく変更しているにも関わらず、「変更依頼ではなく修正依頼」を出して、その変更が無料だと思っている方がまだいます。これは本当に困る。説明に困るんです。
どこまで変更を加えても同じ料金の中でやれというのは下請法における「グロス発注」ですし、買いたたきの代表例です。以下のリンクから下請法について読んでほしいと思います。

>>下請法について

ディレクターの先輩の立場から

私はCGクリエイターでもありますが、その前にディレクターです。もう30年、映像演出の世界でメシを食っている。しかし私は仕事には厳しいけど、こういうおかしな仕事の振り方はしたことがありませんし、まともに仕事を振るのがディレクターの仕事と心得ています。
またプロデューサーとして数多くの仕事をしてきた立場から言わせてもらえば、クリエイターの権利を守ることもプロデューサーの仕事でしょう。ところが自分の権利行使だけは立派だが、川下にいるスタッフたちの権利をないがしろにするプロデューサーの何と多いことか。

まず制作さんたちが法律の知識をもっと持つべきです。というのも、制作というのは川上にいるテレビ局やクライアント企業と、川下にいる下請け会社やクリエイターたちの間を取り持つ立場です。当然多くの契約をこなす必要がある。
ところが下請法の知識も無ければ著作権の扱いも乱雑。これで司令塔たる制作の仕事をできるとは思えない。権利や義務の知識が無い映像屋など、適当な映像を引っ張ってきてつないで著作権法無視で配信しているユーチューバーとやってることは何ら変わらない。

日々の仕事に追われ、適当に言うことを聞く連中とだけ組んでいるからこうなる。何かの仕事のプロを自認するなら、最低限度の知識は持っていて然るべきです。特に義務と権利についてはプロとして最低限度の資質というものです。そういう資質のない人は業界を去るべきだ。まあ、放っておいても消えますが。

>>映像制作の現場からTOP

メールでのお問合せロゴ