映像企画

映像演出のテクニック~三つの方程式

houteisiki映像演出は具体的にはディレクターが行っている仕事です。映像の演出は作品の姿かたちを決定する大きな要因ですし、作品の方向付けも含めた特徴を作り出す作業でもあります。
「企業広報」「ビジネスビデオ」「文教映像」「教本ビデオ」と言われる作品では、確かに情報を装飾する必要性は少ないかもしれませんが、だからこそ、わかりやすく情報を整理する努力や訴求効果を高める努力、そして見やすくする努力を忘れてはなりません。こうした努力は派手なCGやモーショングラフィックを使わなくても、視聴者の心理の中にジャブのようにジワリと効いてきます。
デキサは映像制作という仕事の中で、この演出(ディレクション)という工程を特に重要視しています。
ここでは、映像演出を「わかりやすさの方程式」「心に残る方程式」「感動の方程式」という三つの方程式に分解して解説してまいります。

わかりやすくする方程式

映像を演出する目的の一つが、わかりやすさを担保するということです。
日本語の文章を書く際も、わかりやすくするために話の流れや情報の取捨選択を行いますが、映像の場合は、総合芸術という性質上、多面的な捉え方をしながら、こうした整理整頓を行っています。
映像の場合は、まず構成要素で分けても、雑感動画、インタビュー動画、CG動画、イラスト、などといった要素があります。
また、映像の要素としても、まず画面に映る動画、スピーカーから流れる音声(BGM・効果音・ノイズ・ナレーション)という二つの大きな要素に分けられます。
これらのそれぞれの特性をふまえた上で、何を使ってどのような内容を伝えたら良いのかを考えるのが、映像を分かりやすくするためには必要不可欠です。

 心に残る方程式

心に残る映像という言葉は映像制作会社のウェブサイトではよく見かけるキャッチフレーズですが、具体的にその方法論について言及しているウェブサイトがどれだけあるでしょうか。
私たちデキサは多くのテレビ番組やセルビデオ制作の中で培ってきた演出手法を体系的に整理整頓し、皆様の映像制作に活かしています。
一度見た映像を視聴者の方々に忘れさせないために、デキサは多くの方程式を用いています。具体的に説明してみましょう。

感動の方程式

この「感動」という言葉は、どの映像制作会社のウェブサイトを見ても、キャッチ―な売り文句として使われています。しかし人の気持ちを動かすということは、そう簡単なことではありません。
感動を与える映像。一体なぜ人は感動するのでしょうか。そこには感動の源となるヒトの感情の様々な要素が存在しているように感じます。経験則から「映像演出にとっての感動」について触れてみたいと思います。

「行間」を活かす映像制作

皆さんは映像企画の良し悪しを、一体何で見分けているでしょうか?ほとんどのクライアントさんは「台本」で判断しているのではないでしょうか。ところがそれが映像をつまらなくする原因になっているのです。
クライアントさんが台本で企画の良し悪しを判断するとなると、映像制作会社は「読んでわかる台本」を作ってきます。誰だって仕事は欲しいですから、これは無理のない話ですし、今世の中で書かれている企業ビデオの台本はほとんどがこうした意識で書かれています。
しかし考えてみてほしいのです、台本はあくまで「文字情報」です。もし文字情報でわかる内容で良いなら、どうして映像にするのでしょうか?
テレビ番組も、映画も、世の中に存在する「プロが制作する映像」は、まず台本だけでは完成形をイメージすることは不可能です。なぜなら、その台本はあくまでひな形であって、ディレクターや監督と呼ばれる演出スタッフが、そこに演出という色づけを行って初めて映像として完成するからです。
台本上は何も書かれていなくても、優れたディレクターなら「場の空気感」「感情の揺らぎ」などを映像として表現します。
例えば、映像を通じて明るい職場の雰囲気を伝えたいとしましょう。するとプロのディレクターなら、当然のように撮影現場で社員さんの笑顔を撮影するはずです。さらに言うならちょっとしたカットを撮影する場合でも、うまく陽の光に照らされるカーテンをバックにするなど、映像全体のトーンや構図的な工夫で希望を感じさせるように心がけるでしょう。さらにコメント収録なども、上手にコメントを思った方向に誘導することでしょう。しかしこれらは台本には書きようがありません。
もし台本(日本語)で職場の明るさを伝えるなら、ナレーションで「私たち○○株式会社の特徴、それは明るい職場」などと余計なことを書いてしまうでしょう?しかしこれが映像的表現と言えるでしょうか?これはあくまで極端な事例ですが、企業映像のほとんどがはまっているのが、この「言葉で言わなければならない病」です。
映像は言葉で表現できないことを伝えるから映像なのです。それは言い換えると「場の空気感」や「心の動き」です。これらは文字では伝わらない、まさに「台本の行間」です。そしてその行間を生み出すのが、映像制作における演出の仕事です。
大切なことは、せっかく映像を作るなら、映像的表現をしましょうよ!ということです。

切り口でオリジナリティの高い映像

今や映像になっていない題材など皆無といっても間違いではないほど、映像は生活に浸透し、長い歴史を刻んできました。もはや「新しいネタ」など存在しないのです。そこで重要になってくるのが「切り口」です。
題材をどの角度から見れば新しい表現が可能となるか?これを考えることが企画立案の面白みでもあり、映像演出の第一歩です。
同じ題材でも、同じ結論に至るとしても、この切り口の違いによって映像作品は古くもなりますし、新しくもなります。
弊社デキサは演出主導の映像制作プロダクションとして、この企画の切り口を大切にしています。オリジナリティあふれる企画をお求めでしたら、ぜひデキサにお声掛けください。きっとご満足いただけるものと思います。

映像のことなら何でもご相談ください

デキサは高い映像演出力を活かして、企業様の広報用や教材動画などのDVDからウェブ動画、さらには情報系のテレビ番組まで、そのメディアを選ばずに映像を制作しています。
どのような用途に対しても、最良の企画と方法論で作品を制作します。お気軽にご相談ください。

テレビ番組制作テレビ番組制作
デキサの出身母体、テレビ番組制作。
DVD制作/DVD映像制作DVD制作
安価に効果的なDVDを制作する。
ウェブ動画制作ウェブ動画制作
コストパフォーマンスが魅力のウェブ動画。

>>映像制作TOP

時代を追いつつ基本に忠実な映像制作技術

デキサはテレビ番組からウェブ動画まで、一貫して「高いクオリティをリーズナブルに」というポリシーで制作を続けています。

映像企画プロデュースプロデュース
プロならではの映像企画の内容をご紹介。
映像演出映像演出
視聴者の眼を釘づけにする映像演出の紹介。
動画撮影/映像撮影技術動画撮影
最新技術を駆使したデキサの映像撮影技術。
映像編集映像編集
作品を活かすも殺すも編集次第。その秘訣を紹介。
映像の音声制作音声制作
ナレーションやBGMなど音声の制作について。
映像制作の費用/料金映像制作費用
気になる映像制作の料金を細かく解説。

>>映像制作TOP

>>映像制作会社デキサTOPページ