映像制作の事ならDVD、4K、CGなど自社制作可能な東京の映像制作会社「デキサ」へ。医療・医学、工業映像、サイエンス映像まで幅広く対応します。

動画撮影|映像撮影技術

  • HOME »
  • 動画撮影|映像撮影技術

映像や動画の撮影の技術についてタイトル

映像のクオリティを決定する「素材」を収録する撮影技術

250_rail映像を制作する上で大切なのが「素材」です。素材の良し悪しで映像は名作にも駄作にも変わります。
長年の経験から、弊社では撮影の技術は自社で持っていた方が良いと判断し、自社機材による撮影技術チームの運用を2000年当時に開始しました。
高画質な放送用HD(ハイビジョン)機材ばかりか、最新の4K撮影機材など潤沢な選択肢と、ベテランカメラマンを中心としたクルーによる映像撮影技術は一歩先を行く「良い作品のための素材」を皆様の作品に提供します。

大切な瞬間を逃さない一流の撮影クルー

majical01撮影で最も大切なことは、まず撮り逃さないことです。撮るべき素材を撮るということはとても大切で、素材が足りなかったら何らかの方法でその素材不足を誤魔化さなければならなくなります。私たちデキサはこうした外連味のある映像を嫌います。
外連味を作品から排除するために私たちは撮影という仕事を大切にします。撮るべきものを撮る。そのためには即座に対応可能なレスポンスの高い撮影環境を構築しておかなければなりません。
そこで最も大切なことはスタッフの「経験」です。私たちデキサの作品を支える撮影技術スタッフはフリーランスとして活躍している一流ばかり。撮影というものは通常の制作会社の場合、毎日あるものではありませんから、自社で育てるということは困難なのです。そこで最良の結果を出すということを考えた結果、私たちはフリーランスの積極採用という方法に行きついたのです。
テレビ番組の現場で鍛え上げられた「逃さないスタッフ」が、あなたの映像作品を支えます。

キレある映像を生む高解像度な最新型機材

200146cameraスタッフの次に大切なのが機材です。弊社デキサはメンテナンス効率や信頼性の担保、そしてオペレーションの統一のために、自社で高画質な放送用機材を完備しています。
映像の内容そのものは制作スタッフの努力で担保できますが、画質などの基礎クオリティはどうしても使う機材に左右されます。
弊社の作品を撮影する主力機材はパナソニックが推進する放送用メモリー記録方式「P2-HD」方式を採用。たった1分の映像ファイルが1ギガバイトにもなる超高画質ファイルですので、ノイズが少なく、解像感の高い動画撮影が可能です。
また、HDよりも高解像度な動画を必要とするような場合は、ソニーの4Kデジタルシネマカメラも自社機材として所有しておりますので、HDと同等の機材費で使用可能です。
デキサは圧倒的なハイクオリティ機材を使用し、素材段階から「差が出る画質」を追求します。
>>撮影機材の詳細
>>映像制作TOP

100%HD(ハイビジョン)撮影

hd_img01弊社の制作する商用作品はすべてHD(ハイビジョン)による撮影が行われています。HDとは地上波デジタル放送と同じ1920×1080ピクセルの解像度を持つ映像ファイルのことです。この解像度は従来テレビ方式(SD)に比較しておよそ6倍の情報量を持っています。
近年増加傾向にあるPCやiPadなどの新デバイスに対応するためにもHD撮影は重要です。特にPCはすでにフルハイビジョン解像度のモニターが標準となっており、PCでの再生を考えるとHDはすでに必須の条件となっているとデキサは考えています。
また、DVDの制作においてもHD撮影は将来の再編集を考えた場合も有利ですし、映像のアーカイブを考えた場合も素材を今ある最良のフォーマットで撮影しておくことは大変重要なことなのです。
元素材の画質や解像度は、DVDなど従来テレビ方式の解像度にダウンコンバートした場合も有利にはたらきます。動画に含まれている様々な「雰囲気」を伝える要素がダウンコンバートしてもそのまま生きているのです。
さらに合成などを考えた場合、HD撮影をしておけば、HD解像度の段階で合成作業を行い、それからダウンコンバートすることにより、自然な合成が可能になります。
tamokutekitennkai
>>HDの詳細
>>映像制作TOP

HDを上回る情報量を持つ4Kも自社機材で撮影可能

4KHDの方向性をさらに推し進めたのが4Kです。3840×2160ピクセルという解像度を持つこのフォーマットは、HDの4倍の情報量を持っています。
デキサは4Kも自社の機材で撮影することができます。そして、自社で4K撮影機材を持っていることは大きな強みとなっています。
例えばHD作品における合成カット。HD作品で自然な合成カットを作ることを考えた場合、その元素材としては、HDよりも高解像度な素材が求められます。4K導入以前は、HD素材同士で合成を行っていましたが、4Kで元素材を撮影し、合成作業も4Kで行い、最終段階でHDにダウンコンバートすることによって、より自然な合成カットを制作することができるようになりました。
また、最終的にフィルムに転写するような作品を考えた場合も、HDでは若干解像度が足りません。しかし4Kであれば十分な解像度を得ることが可能です。
さらに、撮影を4Kで行い、そこから静止画を切り出しても基本的にデジタルスチルカメラと同等の解像度が得られますので、書籍にDVDを附属するような商品を考えた場合、スチルカメラを現場に持ち込む必要がありません。今までならビデオとスチルと、別々に撮影を行っていたDVD付書籍の撮影が、一度で済んでしまうというメリットがあるのです。これは制作費を圧縮するためにも現実的な方法ではないでしょうか。
撮影費用についてもHDと変わりませんので、ご活用を検討されてみてはいかがでしょうか。
>>4K映像制作の詳細

リーズナブルなコストで最新の撮影技術をご利用いただけます

手術室の撮影デキサは「限られた費用の中で最良の作品制作を目指す」という目標を掲げる映像制作プロダクションです。撮影技術についても無駄なコストは可能な限り省き、自社で機材を保有することによって稼働率が上がれば上がるほど一回あたりの撮影コストが安価になるシステムをとっています。
映像制作費用全体の中に占める割合が高い撮影技術の費用が安価になるにこしたことはありません。だからこそ多くの設備投資を行い、競争力のある料金体系で皆様にご利用いただけるよう努めています。
撮影技術費の詳細は下記のリンクから映像制作の費用のページをご参照ください。
>>撮影技術費用の詳細

映像のことなら何でもご相談ください

デキサは最新の映像撮影技術ばかりか、長年の経験を活かして、企業様の広報用や教材動画などのDVDからウェブ動画、さらには情報系のテレビ番組まで、そのメディアを選ばずに映像を制作しています。
どのような用途に対しても、最良の企画と方法論で作品を制作します。ぜひお気軽にご相談ください。

テレビ番組制作テレビ番組制作
デキサの出身母体、テレビ番組制作。
DVD制作/DVD映像制作DVD制作
安価に効果的なDVDを制作する。
ウェブ動画制作ウェブ動画制作
コストパフォーマンスが魅力のウェブ動画。

>>映像制作TOP

時代を追いつつ基本に忠実な映像制作技術

デキサはテレビ番組からウェブ動画まで、一貫して「高いクオリティをリーズナブルに」というポリシーで制作を続けています。

映像企画プロデュースプロデュース
プロならではの映像企画の内容をご紹介。
映像演出映像演出
視聴者の眼を釘づけにする映像演出の紹介。
動画撮影/映像撮影技術動画撮影
最新技術を駆使したデキサの映像撮影技術。
映像編集映像編集
作品を活かすも殺すも編集次第。その秘訣を紹介。
映像の音声制作音声制作
ナレーションやBGMなど音声の制作について。
映像制作の費用/料金映像制作費用
気になる映像制作の料金を細かく解説。

>>映像制作TOP

4K&HD映像制作とCGのお問合せ TEL 03-3743-2460 平日10:00~18:00 土曜10:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 映像制作のデキサHD(株) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.