5時間で似顔絵制作の超特急

フジテレビ『バイキング』のイラスト作例本日11月28日放送のフジテレビ『生ホンネトークバラエティ バイキング』で使用される似顔絵イラストを弊社デキサホールディングス株式会社が担当いたしました。
タレントさんの写真や動画素材は肖像権の問題があり、そのまま番組では使えないことが多く、今回は乙武さんのお話をする場面に使用するイラストを番組制作会社アクロ様よりご発注いただきました。
受注確定は昨日11月27日。日曜日で休日な上、たった5時間での仕上げでしたが、デキサでは有能なプロフェッショナルのイラストレーターとの連携を多数持っておりますので、最適な人材をコーディネートさせていただきます。

高度なアライアンスが高品位なイラストやCGを生む秘訣

弊社デキサではCGやイラストなどデザインワークを行う際は、社内・社外問わず最適なクリエイターをコーディネートすることを最優先します。もちろん弊社はワンストップ制作を主眼に置いた会社組織ですから社内でもある程度の仕事を行うことができるようにはなっていますが、それでもクリエイティブワークというものは、いわゆる「向き不向き」が存在する世界です。無理に向かない仕事をしてお客様にご迷惑をおかけするような事が無いように、外部スタッフとの連携を常に取っております。そして多くの人材から常に最適な人材を充てることに心血を注いでいます。これこそがデキサの強みです。だからこそ、今回のような「休日でたった5時間での制作」もこなすことができるのです。

単なるコーディネーターではなく、デキサ自身がクリエイターの集まりだからこそ、クリエイターを見る目が肥えています。優秀なクリエイターのみとアライアンスを組み、より高い水準の仕事を目指したい。私たちデキサは常にそう考えています。

>>テレビ番組用イラスト制作の詳細