介護映像制作

実績に支えられたデキサの介護技術動画制作

プリント弊社デキサは医療の分野の映像制作で一定の実績を上げてきた映像制作会社です。当然、介護映像の分野でも多くの実績を残してきました。
例えば介護技術動画の制作。介護の業界は資格認定などの制度がこまめに変更されるため、それに付随する教本もまた改訂が頻繁な業界です。もちろんこうした教本に付随する動画教材もまた同じで、常に最新の情報を入手し、それを動画化する必要があります。大手出版社様からのご依頼で介護技術のDVDを制作することもあれば、独自コンテンツとして販売用の教育DVDを手掛けるなど、多面的に介護分野の映像制作を行っています。そのため、常に新しい情報が入ってきやすい環境にあります。この情報はきっと皆様の映像制作にも役立つものと思います。
また、介護の世界も一般的な企業と同じように、人材募集を行ったり、また、施設の利用者さんの拡大に努める必要があり、ここでもまた動画や映像といったコンテンツが必要とされています。すでにこうした分野では医療系の施設では映像が多用されていますので、今後介護の分野においても動画コンテンツの需要が拡大していくものと思われます。
介護技術動画や施設紹介動画などの映像制作はぜひ、私たちデキサにお任せください。

介護技術動画の作例

介護教材動画

介護技術動画制作イメージ介護系映像で最も需要があるのが、職員さんの研修などに用いる介護技術動画です。弊社ではこの分野の映像を数多く手掛けてきました。
「ああしろ、こうしろ」というだけではなく、「なぜそうなのか?」を徹底して説明することで、介護職員の皆さんに正しい技術を身につけていただくための手助けを行います。
また、デキサの介護教材の強みは、メディカル系映像を手掛けてきた実績です。バイオメカニクス的な観点からの考察など、映像を作るディレクター自身が「どう描けばわかりやすいか?」がわかってなければ表現が難しい映像も、問題なく表現することができます。

>>介護技術教材動画制作の詳細

介護職員募集映像

介護職員募集イメージ介護職員さんを募集したい。そんなご要望にお応えするのが、弊社の介護職員募集動画制作サービスです。過去に弊社は数多くの病院様の看護師募集動画を制作してまいりました。このノウハウを駆使して、介護職員さんを募集するお手伝いをさせていただきます。
弊社の介護職員募集動画はドキュメンタリースタイルを基本としています。1台のカメラが数日間にわたり現場に密着することで、生の介護職員の皆さんの働きぶりや施設の様子をとらえながら、その魅力を徹底的にアピールします。
こうしたドキュメンタリー的演出手法はデキサが最も得意としている部分で、テレビ番組のドキュメンタリー系コンテンツ制作の現場で培ってきたノウハウを最も活かせる舞台となっています。

>>介護職員募集映像制作の詳細

メールでのお問合せロゴ
 

最新の技術を駆使した美しい映像

デキサなら「総合制作プロダクション」の強みを活かした介護映像を作ることができます。自社制作でフットワークの軽い三次元CGの活用や、取材場面に合わせた多様な撮影機材など、攻め込んだ映像制作を可能にする環境が整っています。

三次元CGの活用

医療的ケアの幅が拡がり、介護職員が知るべき医学知識はどんどん多くなっています。こうした知識を直感的に理解するために役立つのが三次元CGを活用した解剖映像です。弊社ではこの分野で20年近い蓄積がありますので、大抵のご要望にはお応えできるだけのモデリングデータをアーカイブしています。

多様な撮影手法を効果的に使い分け

tukaiwake撮影機材の選定は映像のクオリティを大きく左右します。目的や場面に合わせて最適なチョイスを行うことで、より深く取材を進めることが可能となります。
介護職員さんの働きぶりやインタビューなどドキュメンタリー的な追跡取材には、比較的軽量でありながら高い基本性能を備えたプロ用HD-ENGカメラを積極採用します。こうした軽量かつ高画質なカメラは撮影環境を選びませんので、どんなチャンスでも逃すことがありません。
また、施設の撮影や商品撮影などに活用するのが、画質に優れた4Kデジタルシネマカメラです。Super35mm相当という余裕ある大きさの撮像素子と、キレの良いレンズが生み出す圧倒的に美しい画質は、まさに映画の世界です。
こうした優れた撮影機器を自社で保有し、いついかなる時でも目的に応じて使い分けながら運用することができるのも、デキサならではの安心です。

>>撮影技術の詳細

優れた機材を活かす優れた撮影スタッフ

弊社デキサで撮影にあたるのは、この道数十年というベテランのカメラマンたちです。デキサでは多くのテレビ番組や映画で活躍しているフリーランスの優秀なカメラマンたちと連携しながら撮影を行います。しかもデキサのディレクターが、狙いの画に見合ったカメラマンを撮影ごとにチョイスしています。もちろん介護映像や介護動画を今まで数多く撮影してきたカメラマンや音声マンをチョイスすることも可能です。
優秀なカメラマンといえども、どのような場面においても最善とは限りません。得意不得意があるのは人間である以上は当然です。そうした個々のカメラマンが持つ特性のようなものを深く理解し、撮影の度に常に最善と思われるカメラマンをキャスティングしてまいります。

>>撮影技術の詳細

上映・頒布方法を選ばない

作った映像は、ウェブ動画、DVD、タブレットPC用動画、イベント上映用ファイル、さらにお望みなら地上波放送と、様々な活用をすることができます。
また、DVDで配る場合と、イベント上映用では、ファイルのエンコードの仕様だけでなく、編集にも少しアレンジしたほうが結果を出しやすい場合があります。
例えばDVDはじっくり家で見てもらうため、ちょっと尺は長くなっても情報量を優先し、イベント上映用では通り過ぎる方々の足を止めるためのインパクトを優先し、なおかつ尺は短く要点だけに留めるなど、上映する場所や頒布方法によって編集にアレンジを加えて、より高い訴求効果を狙います。

映像の活用法

>>映像制作TOP

介護施設の顧客拡大にはDVDが効果的

dvdimageillust潜在顧客となっている高齢者の方々やそのご家族に、安心感を持っていただくために、ぜひ映像を活用していただけたらと思います。特にDVDによる頒布は費用対効果が高く、ITメディアとは違いカタチがあるメリットがあります。パソコンは苦手という高齢者が多い中、ビデオデッキの延長線上にあるDVDであればご高齢の方々でも比較的安心してお受け取りいただけ、しかもカタチがある分、デザインなどの工夫によって保存していただける可能性が高い「捨てにくいメディア」です。
また、映像は視聴者の感情に訴える高い訴求力があります。どんなにきれいな言葉を並べたてるよりも、直観的に相手に伝わる映像の活用のほうが時間も手間もかかりません。圧倒的に相手の感情を揺さぶることができるのは、映像が持っているもっとも強いメリットです。
テレビCMなども手掛けているデキサならではのノウハウで、施設の魅力を存分にアピールしてみませんか。

>>DVD制作の詳細

時代を追いつつ基本に忠実な映像制作技術

デキサはテレビ番組からウェブ動画まで、一貫して「高いクオリティをリーズナブルに」というポリシーで制作を続けています。

映像企画プロデュースプロデュース
プロならではの映像企画の内容をご紹介。
映像演出映像演出
視聴者の眼を釘づけにする映像演出の紹介。
動画撮影/映像撮影技術動画撮影
最新技術を駆使したデキサの映像撮影技術。
映像編集映像編集
作品を活かすも殺すも編集次第。その秘訣を紹介。
映像の音声制作音声制作
ナレーションやBGMなど音声の制作について。
映像制作の費用/料金映像制作費用
気になる映像制作の料金を細かく解説。

メールでのお問合せロゴ