CG制作/CG動画制作タイトル

需要が増加する三次元CGによるバーチャルスタジオ背景制作

近年、CGによるバーチャルスタジオ空間の構築がテレビ番組を中心に広く利用されるようになりました。登場人物をすべてグリーンバック撮影し、背景はすべてCGで制作して合成するという手法です。(以下写真参照)

CG背景合成グリーンバック

弊社で手掛けたグリーンバック合成用CG背景素材

実際にスタジオを使うより安価に背景を作りこむことができるという利点、リアルな実物のスタジオでは不可能な自由度の高い演出が可能という優れた特長があり、ローバジェットでの番組が増えている昨今、現実的な手段として採用する制作プロダクションや局が増えています。

高度なバーチャルスタジオでは、トラッキングカメラによるマッチムーブCG背景を使ったリアルタイムレンダリング合成も可能ですが、そこまでお金を使わずとも普通にグリーンバック撮影で静止画CGと合成するだけでもローコストで面白い演出や遊びができるのも、CG背景の特長です。

映像を理解しているスタッフが作るバーチャルCG背景

高品位な映像制作システム

私たちは映像制作会社です。ただ、他の映像制作会社と違うのは社内でCGを制作しているということです。テレビ番組からドラマ、VP、CMと、多くの映像で背景にとって求められる必要条件を理解していることが弊社デキサが作るCG背景の強みです。
演出意図をお伝えいただければ、弊社で多くの映像作品を手掛けてきたディレクターやプロデューサーがプランニングを行い、その意図に合ったコンセプトを提示し、そのコンセプトに忠実なCG背景を制作いたします。必要であれば台本をいただければ、その台本の展開を邪魔しない「使いやすいデザイン」を御呈示します。
さらに必要であるなら収録スタジオにも参加し、合成を行う上で演者の配置やカメラアングル、レンズの選定まで含めて弊社がコーディネートいたします。
「ただCGを作って終わり」ではなく、合成が滞りなく進むよう自分たちの過去の経験値の蓄積を皆様の現場で活かす事もまた私たちデキサの仕事であると思っています。

>>映像制作サービスTOP

納品形態は様々

カメラを3Dトラッキング・マッチムーブする必要がなければフォトショップでレイヤー分けしたマスク付のデータでお渡しします。また、カメラの3Dトラッキング・マッチムーブを行うなら、素材を頂戴できればCGソフト上でカメラをトラッキングした状態で動画レンダリングを行い、動画ファイルとして納品いたします。
さらにモーションキャプチャーキャラクターなどと統合してバーチャルスタジオを用いた収録を行うのであれば、スタジオの技術者とお打ち合わせし、お望みのファイル形式で三次元データを権利ごと販売することも可能です。
私たちデキサが現場に参加することによって、「できることの可能性が広がる」ことは確かです。ぜひ企画の早い段階から私たちをスタッフに加えコーディネートをさせていただければと思います。

静止画CG背景であれば4K出力をお薦めします

4Kデジタルシネマのアスペクト比シンプルなグリーンバックによるCG背景合成をお望みであれば4Kで静止画レンダリングし、合成を行う編集プロジェクトを4Kで行うことによって輪郭をより美しく表現することができます。
また完パケがHDであれば縦横2倍ずつのマージンがありますので、より構図の自由度を高めることができます。
輪郭の馴染みにご不安がある場合はご相談ください。背景CGの色合いをグリーンバック合成の実写動画と馴染みやすくコーディネートすることも可能です。

>>4Kについての詳細

三次元形状データでの納品は各種ファイル形式に対応

CG背景合成本格的なバーチャルスタジオ用の三次元形状データファイルであればdxfやobjなど、ご指定の形式で納品させていただきます。
もちろんテクスチャなども必要であれば作成いたします。
ご使用になるソフトウェアをご指定いただければ有償にて、そのソフトのファイルに変換を行い、質感を付け直して納品することもできます。
弊社が提供するサービスは多岐にわたります。新しいチャレンジにも果敢に挑戦してまいります。ぜひご相談ください。

>>バーチャルスタジオ3Dデータ制作の詳細

フォトリアル質感にも対応

フォトリアル質感CG背景も番組や作品の演出の狙いによってファンキーな表現からフォトリアルまで幅広い作風を実現します。
もちろん、大域照明を用いたフォトリアルな質感で、より実写動画と高い親和性を狙う事も可能です。特に実写の写真に近い質感を実現しようとすると、レイトレース(CGレンダリング上で光の軌跡を追跡する手法)の追跡反射回数を可能な限り多めに設定する必要があります。反射回数が多ければ多いほど光の回り込みなどを忠実に再現することができるからです。ところがレイトレースを緻密に行えば行うほどレンダリングでの計算に必要とされるCPUパワーが莫大に増える事になります。
弊社ではTV番組や短期間での制作に対応するために高速なレンダリング設備を独自に持ち、必要にして十分なCPUパワーへの対応を行ってまいりました。レンダリングのリソースを外部のレンダリングサーバーに頼る事無く自社内で完結できる範囲が広いため、比較的低コストでフォトリアルな質感を得る事ができるのも弊社の特長の一つです。

>>フォトリアルレンダリングの詳細

モーションキャプチャーCGの先駆者

社長写真モーションキャプチャーを活用したバーチャル空間で番組を制作したい。近年需要が伸びている分野でもあります。こうした需要に、モーションキャプチャーアニメーションの黎明期からかかわってきたスタッフが皆さまのお手伝いをいたします。
弊社はテレビ朝日『スーパーJチャンネル』の中で日本初のリアルタイム・モーションキャプチャー・アニメーションによる天気予報『源さんの天気予報』(1997年3月31日~1998年10月2日放送)を手掛けたディレクター/クリエイター、奥山が立ち上げた映像制作プロダクションです。テレビ番組に限らず、バーチャル番組に必要な要素をすべて把握していますので、どのような背景空間がキャラクターの動きを邪魔せず生身の人間とバーチャルキャラクターの両方を引き立てることができるかをよく心得ています。

>>弊社代表経歴等

>>CG制作TOPに戻る

メールでのお問合せロゴ