CG制作/CG動画制作タイトル

実績多数の歴史CG制作

江戸時代や明治・大正・昭和初期のCG動画制作ならデキサにお任せください。多くのテレビ番組で採用された実績と経験を活かし、高いクオリティの歴史CG動画をご提供いたします。
学術映像においても、またエンタティメント映像においても、汎用性の高い建築物モデルなどをご用意し、スピーディな制作を実現します。
特に学術分野のCGを制作する場合、最も重要なのがリサーチです。弊社はメディカル、サイエンスといった学術映像の制作で培った高いリサーチ力を基に、歴史CGにおいても的確な情報収集を行います。CG制作会社でありながらリサーチを含めてお引き受けできる体制もまたデキサの魅力となっています。

イラストとCGの連携でより高度な表現を

弊社デキサではフォトリアルな歴史CGから、ちょっと目につく「イラストとCGの合わせ技」まで、様々な表現手法のCG動画制作が可能です。特にイラストとCGを組み合わせたドラマ仕立てのCG制作には定評があり、デキサが一定の評価を得ている分野でもあります。

>>参考リンク~歴史イラスト制作

CGとイラスト合成

江戸時代をCGで再現

江戸の街の構造をCG化。テレビ朝日様の歴史番組で一年間レギュラーで実績を積み重ねてきた分野ですので、時代考証などの手間も比較的かからず作成が可能です。また数多くのモデリングデータやテクスチャデータの蓄積がありますので、下記にご紹介しているようなアニメーション質感のものから、写真のようにリアルなフォトリアル質感まで、幅広く対応が可能です。

明治・大正時代の暮らしをCG化

明治大正時代の町の風景など、一通りのモデリングデータがアーカイブされています。商店、学校、会社など、様々なデータがございますので、組み合わせ方次第でオリジナリティの高い映像を制作できます。

昭和・高度成長期をCG化

昭和から高度成長期を映像化するなら三次元CGは現実的な手法です。特にゼロからのモデリングでは高くなるコストも、弊社なら蓄積されたデータからある程度近いところまで作り込むことができますので、一部分のオリジナルモデルだけで大規模な街の風景などを造り上げることができます。
もちろんテクスチャデータの蓄積も膨大なものがありますので、以下にご紹介しているようなアニメ調だけでなく、実写のようなフォトリアル質感まで対応可能です。ぜひご相談ください。

CGを可能な限り身近なものに

弊社ではテレビ番組やテレビCMなど以外のメディアにおいても、CGをより多くの方々にご活用いただきたいと願い、コスト圧縮と早期の納品に努めています。安易なダンピングや価格競争はいたしておりませんが、可能な限り現実的なコストの中に収まるようにご相談に応じたいと思います。
CG制作に要するコストについては以下のページをご覧ください。

>>CG制作の費用・料金体系詳細

>>CG制作TOP

メールでのお問合せロゴ