映像制作の現場からタイトル

映像制作に焦点を絞ったコラムです

DSC_5603はじめまして、デキサの代表・奥山です。代表と言っても私らはまだまだ小さい会社ですから、街の零細企業のボスという立場でがんばっています。 さて、この「映像制作の現場から」は、今まで制作してきた作品の現場写真をご紹介したり、今の映像制作に関わるニュースを自分なりに分析してお届けしたり、また今後映像を作ろうとお考えの皆さんに役立つ情報をお届けしたり、そうした目的のために作ったものです。 最近はやっている「社長ブログ」とは違います。あくまで映像制作に焦点を絞ってお届けしてまいりたいと思っております。今後ともよろしくお願いします。

記事一覧

社員教育・安全教育・事故事例動画制作について 2020/12/31

弊社の制作実績の中で最近増えてきたのが、工場や作業現場における事故事例の紹介動画です。こういった動画は会社の中で安全教育に使うために作られているのですが、昔は再現ドラマを撮影して制作されていたジャンルです。しかし近年ではCGを使ったシンプルな描き方が好まれるようで、私たちのようにCGも映像制作も自社で行っているような会社にとっては「ジャスト」な仕事となっています。>>続きを読む

ロイヤリティフリー筋肉CGイラストの制作 2020/12/30

私の仕事は主に「映像ディレクター」なのですが、副業というか、すでにもう20年もやっているので既に本業化していますがCGのモデリングの仕事をしています。こうしたCGは動画の中に挿入して使うことがほとんどですが、中には出版など紙媒体向け、ウェブメディア向けに静止画イラストを制作するという仕事もあるわけです。 >>続きを読む

CGを使った映像制作の費用/安価に制作するために 2020/12/28

最近、CG動画をパーツとして編集し、映像作品を制作することが多くなりました。例えば交通事故や工場での事故事例紹介。そして商品PRなども、今はほぼ撮影を行わず、商品カットまでCGで作ってしまうという感じです。
理由は簡単で、新型コロナが蔓延したことで多人数が集まるロケが行いにくくなっているからです。弊社の場合は映像制作会社でありながら自社でCG制作部門もあるため、制作とCGの両部門が同時に動くことで、一社の中でCGを活用した映像制作を、しかもフルCGで行う事ができてしまうのです。>>続きを読む

映像業界向け相見積サイトの横行 2020/12/2

最近では数社の映像制作会社に同時に見積依頼を流してもらえる相見積サービスを提供するサイトも存在します。一見便利ですが、(すべてではありませんが)とんでもないサイトも多いのでご注意ください。>>続きを読む

ウェビナーに色を添える動画素材の制作 2020/12/2

ウェビナー(Webinar)という言葉が使われ始めましたね。ITの方々は新しい言葉がとても好き。横文字をどんどん増やしてムーブメントを生み出してそれを商売にするわけですね。とはいえ「ウェブ」と「セミナー」の合体でウェビナー。なかなか便利な言葉かもしれません。>>続きを読む

免許はなくてもプロの壁は存在する映像業界 2020/10/31

「手元に撮影した動画の素材があるのですが、編集してもらえませんか?」最近、こういうお電話を頂戴することが多くなりました。コロナの影響によって、会社内で研修を対面で行うことが難しくなり、社内の動画を趣味としている社員さんが会社の教育担当者の方と相談しながら撮影した素材の編集の相談がほとんどです。
多分ですが、撮影までは自分でできると思ったのでしょう。そしてその素材をプロに渡せばキレイに仕上がるのでは?そんな期待を持ってしまうのも心境としては理解できます。しかし事はそんなに単純ではありません。>>続きを読む

新型コロナ対策~オンライン研修動画の制作費用について 2020/10/10

新型コロナの流行は社会の在り方を根底から覆してしまいました。これまでの仕事の方法論では通用せず、新しい働き方を模索する動きが広がっています。大きな影響を受けているのが研修などを仕事として行っている業種の方々です。これまでであれば実地で指導者・講師の方々と受講生が直接技術を伝達できたのですが、ソーシャルディスタンスの重要性が唱えられるようになってからというもの、狭い教室や実地で講師と受講者が手とり足とり教えるということができなくなってしまっています。>>続きを読む

映画『デス・ウィッシュ』(Death Wish)が求められる世界 2020/06/11

今日は、趣味の映画の話でもしてみようかと思います。興味がある方はご一読くださいませ。先日、Amazonプライムをダラダラ眺めていたら、ブルース・ウィリス主演の『デス・ウィッシュ』(Death Wish)があったので、観てみました。>>続きを読む

テレワークでの映像制作/動画制作 2020/04/29

新型コロナウイルスが蔓延し、感染者も増大する中、映像作品の制作を発注して良いものかどうか迷っておられるお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。とはいえコロナ蔓延時だからと言って「商品PRを止めたくない」「PRをやめたらそれこそ被害が大きくなる」などの理由から、緊急事態宣言(2020年4月7日会見発表)が出て不要不急の外出を控える要請が国から出された状況下であっても、映像作品を制作しなければならないという会社様はあるはずです。>>続きを読む

トイレットペーパー不足に見た日本人 2020/03/07

昨今、新型コロナウイルスの蔓延によって、なぜかトイレットペーパーが不足するという事態になっています。理由はどうやら単なるデマで「マスクの次はトイレットペーパーが不足する」という情報が流れてしまったことだったわけですが、実はメーカーには在庫があり卸にも在庫がある。>>続きを読む

新型コロナウイルスのCG動画を! 2020/03/01

新型コロナウイルス(SARS-CoV2)が猛威を振るっていますが、どの番組を見てもウイルスそのものがどう恐ろしいのか?その実態がまるで見えないという状況です。情報を得ようとしてテレビの特集番組を見ても、例えば「ウイルス」「流行」という言葉は山のように使われていますし、感染を防ぐためにすべきことは紹介されているのですが…>>続きを読む

不妊治療医療動画の制作 2019/12/15

不妊治療の医療動画。思い起こすと実はこの5年くらいでテレビ番組や医療機関のビデオパッケージで、産婦人科における様々な不妊治療を紹介する動画の制作にからむことが多くなっているように感じます。それだけ需要があるということなのでしょうか? >>続きを読む

医療ドラマ『トップナイフ』のCG制作過程 2019/12/15

日本テレビで2020年1月11日から毎週土曜日の夜10時から放送される医療ドラマ『トップナイフ』(主演/天海祐希)の医療CGを今私が作っています。もちろん私だけではいろいろ怖いので、いつもながらゲインの横山氏にも協力してもらいつつなのですが、たまにやると本当にドラマのCGは緊張しますよね。なにせドラマは後々まで残るので、ちょっとした間違いが恐ろしい結果を招く。>>続きを読む

サイエンス/科学映像制作の難しさ 2019/12/11

サイエンス系の映像制作というのは、私の会社が多く受注している分野です。医学・薬学系も入れてしまうと、弊社が受注している映像制作案件のほとんどがこの「サイエンス」という分野になると思います。
よく他社のプロデューサーやディレクターと会話している時に >>続きを読む

医療動画のおススメ映像制作会社!一覧 2019/11/26

医療映像制作を考えているなら、制作会社選びに困ることもあるでしょう。ここでは私が知っている制作会社の中から数社リストアップしてみたいと思います。あくまで個人的意見ですので、これまで付き合ってきた会社さんしか書いていません。ご了承ください。>>続きを読む

生活に必須の医薬品 2019/10/18

映像制作のディレクター業をしていると、夜も起きて編集を急ぎでやっつけたり、座りっぱなしで運動していないなど、不健康な生活をしていることが多い。そうなると夜は寝られないし、肩こりはひどくなるしで、薬が必要ということになります。>>続きを読む

CGによる4K8K動画制作 2019/10/18

ウェブを検索してみると、世の映像制作業界は「4K!4K!」の大合唱中。ついには「8K!8K!」という合唱まで聞こえているような雰囲気。そもそも新しもの好きの業界なので「言葉先行」みたいなところはあるのですが、皆さんちょっと冷静になってみましょうね。>>続きを読む

アート/芸術とは一体何なのか? 2019/10/12

私らプロの映像屋ってのは、どこまで行っても「請負仕事」の世界ですよ。自分のやりたいことなんて、できることはわずか。お客様からのご依頼があり、そのご依頼に従って映像を作る。なぜかって?そりゃ仕事だからですよ。お客様は大事なお金を払ってくれるんだから、ご期待に応えられるように頑張るのは当たり前。>>続きを読む

CG制作にとってのAMD-Threadripper32コア64スレッド 2019/9/27

去年あたりから私らパソヲタを騒がせている存在があります。それがAMDという半導体メーカーから販売されているThreadripperというCPU。AMDというメーカーは特にパソコンのことに詳しくない方は聞いたこともないメーカーかもしれませんが、あの有名なインテルのライバルという立ち位置の会社です。>>続きを読む

携帯壁紙/パソコン壁紙「フェアレディZ」 2019/9/22

会社のサイトに張り付けていた私が趣味で作った日産フェアレディZ(Z34)のCG画像を見て「これ、パソコンやスマホの壁紙に使いたいのですが」とメールをくださった方がいました。ですので、以下においておきますので、ご自由にダウンロードしてお使いいただければと思います。 >>続きを読む

マスコミの在り方を石破茂氏の本に学ぶ 2018/08/15

さて、総裁選があわただしくなってきたようですね。私は政治には疎いです。疎いですが、子供がいるので、その子供にツケを払わせたくないという想いもあり、最低限度のことはしています。それはよく新聞とテレビを見て情報を集め、選挙にかならず行き、一票を大切に行使するということです。 >>続きを読む

デジタルカメラと35mmフィルムの解像度(解像度比較2回目)2018/07/27

一つの記事で、数年の時間を置いて書くということは珍しいのですが、実は非常事態というか、以前私が書いた「4K解像度と35mmフィルムの解像度」という記事に対する反響がすごく多くて、実際に私の会社まで電話で問い合わせをされる方が結構いらっしゃいました。 >>続きを読む

動画と映像の違い 2018/07/08

映像といえば、かつては映画かテレビなどプロの専有物でしたが、今やウェブで公開されるものに代表されるように一般の方々が作る映像が爆発的に増え、存在自体がかなり地べたに降りてきた感があります。
こういう時代ですから、「映像とは何か」という定義をしっかりとプロの観点から紐解くことは意義のあることだと思いますし、映像の制作依頼を検討中の方々にも有益な情報であろうと思います。 >>続きを読む

修正・訂正および変更の違い 2018/03/20

テレビ番組のCGを作っていて一番精神的にこたえるのが「修正」や「変更」です。ディレクターさんからいただいたコンテ通りにCGを作っても、プロデューサーのプレビューでひっくり返されて、CGの内容を変更する必要性に迫られるわけです… >>続きを読む

求人へのおかしな応募メールが多い 2017/08/05

求人へのおかしな応募メールがたくさん来ます。特に多いのが「どこのだれかわからないメール」です。これは本当にやめていただきたい。
フリーの方に多いのですが、まず、名前とメールアドレスしかわからない。住所も電話も書いてない。で、一応資料を送るようにお願いすると、過去の作品資料は送られてくるのですが、そこにも住所も電話も書いてない… >>続きを読む

裁判資料動画・映像の加工解析 2017/05/03

弊社で本当にたまにではありますが、お引き受けしているのが、裁判で使用するような資料・証拠(?)としての動画素材の加工や解析です。
センシティブな内容なので具体的に何をどう担当したのかはまったく言えませんが、弁護士事務所の方で、こうした仕事をどこに振ったらいいかわからずに… >>続きを読む

コンテンツを発信する会社にならねば… 2017/04/20

お久しぶりです。しばらくぶりの情報発信となります。父が去年亡くなり、今年三月に一周忌が終わったところで、自分の中では節目となりました。父の死が、人生について考えるきっかけとなったことは確かです。>>続きを読む

4K解像度とフィルムの解像度 2015/04/20

久しぶりの投稿です。最近忙しくてなかなか記事を書けません。お許しください。
さて、時代の流れというものはすごいもので、つい最近HD(ハイビジョン)が映像業界で話題となっていたと思ったら、もうHDより上の規格が普通になろうとしています。
というより、普通じゃないか… >>続きを読む

台本至上主義が映像をダメにする 2014/07/19

映像制作の設計図、それが台本です。しかし台本を読み解くというのはそう簡単なことではありません。なぜなら映像の台本というものは日本語で書き記されているわけではないからです。 ある事柄はナレーションをベースにして補足的に動画を使って解説していますが、ある部分はナレーションを排除して動画の内容しか想定されていなかったり、またある部分は暗転画面で効果音だけで表現していたり、とにかく日本語として台本を読んで成立することなど、ほとんどないのです。 >>続きを読む

映像制作にとって大切な演出 2014/04/25

映像を仕事にしていて、「ディレクター」の名刺を渡すとよく聞かれるのが「ディレクターって何してる人???」という質問です。もう本当に参るのですが、仕方ないので「えーと、ディレクターってどんなイメージですか?」と逆に質問しちゃうんですよ。そうすると「肩からカーデガンかけてて、夜なのにサングラスかけて六本木で外車乗ってるって感じ?」って言われて倒れたことがあるんですが >>続きを読む

新しい価値観を生み出す 2013/09/29

映像制作会社である当社が一体なぜウェブに力を入れているのか?映像制作会社がウェブの構築やSEO対策についてコーディネーションしているのは、社長である私から客観的に考えてみても違和感があるのは事実です。 >>続きを読む

自社独自動画コンテンツの制作 2013/09/14

今、当社で映像制作のマニュアル本とDVDを制作しています。これはオリジナルコンテンツとして制作しているもので、どこかの出版社さんから販売するものではありません。 実際、こうしたオリジナル動画コンテンツを自社で販売していくという方向性は正しいと思っています。 >>続きを読む

ウェブを全面改装しました 2013/09/13

「映像制作に話題を絞って」と言いながら、いきなりウェブの話です。 今、当ウェブサイトの更新作業を行っています。うちは小さい零細企業ですから、ウェブを作れる私が一切のサイト更新を行うという結果になってしまっています。以前なら得意な社員さんがいたのでやってもらえたのですが、今では私しかウェブをいじれるのがいません。とはいえ仕事でウェブを請け負うといっても、せいぜい動画ファイルをHTML5でページに表示できるようにするくらいのコーディングがメインですから問題ないのですが。 >>続きを読む
>>映像制作TOP

メールでのお問合せロゴ