映像制作会社デキサ_ロゴ

自社でちゃんと映像を作る映像制作会社でありたい

社長写真私たちデキサのウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。デキサの代表取締役兼プロデューサー兼営業兼ディレクター兼CGクリエイター兼編集マンの奥山です。
映像制作会社というのは大抵それほど大きな規模の会社ではありませんが、弊社も事情は同じでして、社長といえど何でもやらなければなりません。毎日汗水流してがんばっています。

うちの特長は「映像を作れること」です。映像制作会社の社長が何を当たり前のことを言っているんだと思うかもしれませんが、実際、映像を作っていない「映像制作代理店」のような会社は多々あります。自社の社員としては制作管理を行うプロデューサーやその補佐をするプロマネしか置かず、顧客対応とスケジュール管理だけに徹して、あとの実制作作業は、営業力は無いけど映像を作ることができる下請けの本物の映像制作会社に任せてしまうんです。
しかしこういう映像制作代理店のプロデューサーさんやプロマネさんは実務経験が無いから、それぞれの工程の仕事にどの程度の時間がかかるかわからないので、組むスケジュールすら机上の空論で意味がなかったりします。
例え良い人だったとしても、机上の空論ばかりで、まともなスケジュールすら組めないプロデューサーやプロマネは悪です。現場を混乱させ、意味のない労力を生み、コストを不要に上げてしまう。

本当のプロというのは、全部の工程を経験し、知っているものです。たたき上げにしかできない仕事があります。少なくとも映像制作会社の大将たるプロデューサーを名乗るなら、制作管理、企画、構成、演出、撮影、編集、CG制作、音効など、できる限り広範に、制作工程を基本くらいは実地で仕事として経験して、その苦労を学ばないといけないと私は思うのです。ところが面倒な仕事は下請けに丸投げですっ飛ばしてきたものだから、大事なところを学んでいない。

うちは会社の伝統として本当のことしか言いません。「できることはできる。できないことはできない」とハッキリ言いますので、その場しのぎの耳あたりの良い言葉は使いませんが、少なくとも映像制作の工程全般を「流す程度以上」には理解していますし、人的コストも全部理解しています。そして、この姿勢があるから信用してくれるクライアント様も実際多いです。
誰もが知っている一流の大手企業様も直接うちを使っています。個人的にも親しくなった方々も大勢います。それが実績というものです。決して耳あたりの良い言葉は使いませんが、本当のことしか言いません。だからクライアント様が認めてくださるのです。

映像制作をしたいなら、ぜひ弊社にお声掛けください。うちが向かない仕事の場合は、得意なちゃんとした制作会社をご紹介します。

>>映像制作会社デキサホールディングス(株)会社情報

>>映像制作会社デキサTOPページ

プロとしてのお作法を守り抜く

映像制作というと、昔と違い、今ではカメラも高性能のものが安価に入手できるようになり、編集もパソコン上で比較的簡単に行うことができるために、この業界とかかわりのない人からしても馴染みのある作業になりつつあるのではないでしょうか。
また、従来はテレビ番組くらいしかなかった映像の大量需要が、ウェブ動画コンテンツなどの新しいメディアの登場でより広がりを見せ、新しいビジネスチャンスとなっています。
こうした状況の中で、実に多くの業種業界の方々が映像制作というビジネスに参入してきています。ウェブ業界の方々も多くの会社で「映像制作」を謳っていますし、印刷会社が映像制作の部門を持っているなど、新しい需要に合わせた新しい受け皿の供給がはじまっています。
では、こうした時代の中で、私たち生粋の「映像一筋」で働いてきた叩き上げのスタッフはどう立ち回ればよいのでしょう。

私たちは、テレビ番組制作現場から、この業界で仕事をしてきた生粋の映像制作者の集まりです。フィルムの仕事に始まり、テレビ番組の制作、そして今はインターネットやアプリなど新しいデバイスに向けた映像を制作している映像制作のプロフェッショナルです。映像というメディアの変遷を身をもって体験し、その歴史の中で生きてきた、それが私たちデキサの強みでもあります。
私たちデキサは大きな現場を体験してきたスタッフの集まりだからこそ、そうした大きな現場に脈々と流れる伝統的な「お作法」を学び、実践してきました。映像制作というのは実は複雑怪奇な作業を一つ一つ丹念にこなす必要がある仕事です。ひとつでも飛ばすと、即失敗というわけではありませんが、撮りこぼしなど、大きな失敗に結びつく可能性が高いのもまた映像制作という仕事の特徴です。その失敗をなくすために存在するのが現場の「お作法」という不文律です。
このお作法は、不文律であって教科書に書いてあるわけではありませんし、現場にいる先輩の背中から学ぶしかないものです。仕事のプロセスそのものは言葉で伝えることができますが、このプロの現場にしかない不文律を学ぶには、まさに「見て学べ」という方法しかありません。

例えば私たちプロは、相手が映像のプロかどうか見るだけで分かります。プロはプロの雰囲気を持っているからです。この雰囲気のもととなっているものこそ、映像制作の職人しか知らないし、理解することができない「不文律」です。
私たちはこの「お作法」を知っているかどうかこそがプロとアマチュアを分けるひとつの目安ではないかと思っています。失敗の可能性を減らし、困難な仕事を遂行すために過去の先人たちが工夫に工夫を重ねて培ってきた不文律、姿勢のような漠然としたノウハウは、修行を通じて親方から弟子へと脈々と受け継がれてきたのです。そしてその延長線上にいるのが私たちデキサです。

デキサは、新人教育を行うときも、こうした不文律を重要視し、伝統的な映像制作業界にいなければ知りえないものを最優先で伝えるということを重要視しています。
私は常に新人には「小手先じゃない」と教え続けています。小手先の仕事とは時代とともに流れ去る知識です。例えば数年前まで映像編集はテープ編集でした。しかしそれがノンリニアの登場で大きく変わりました。カメラは肩に担ぐ大きなENGカメラが一般的でしたが、今ではハンドヘルドの小型機が普通にテレビ番組制作現場で使われています。さらに4Kカメラも普及して、先進的な制作現場にはすでに導入されています。このように、表面上の知識はどんどん刷新され古くなります。しかしプロの持つ経験値やノウハウは時代に流されず、いつまでも価値あるものです。

もちろん、ある程度時代に流されなければ、その時代に合った映像制作は不可能です。映像というメディアは宿命的に再生デバイスが必要なメディアです。そのデバイスは昔は映写機とフィルムでした。しかしそれがテレビモニターになり、今はパソコンやタブレットPCになりつつあります。宿命的にこうしたデバイスを追いかけなければならないなら、とことん追いかけよう。それが映像制作のプロとしての基本姿勢であると私たちデキサは考えています。

必要なことは、時代に流されない価値観と、時代を追いかける気持ちの両立、バランスではないでしょうか。そのバランス感覚こそ、デキサが追い求めてきた映像制作者としてのあるべき姿であると考えています。

こうした考え方に共鳴できる方々はたくさんいらっしゃるのではないかと思います。どの業界においても不変の価値観と最新の価値観というものの両者両立というのはテーマであると思うからです。
今後もデキサは多くの価値観の狭間でベストバランスを探し続けるでしょう。それが激変し続ける映像業界において私たちプロがしなければならない事だと信じるからです。

私たちデキサは、自分達の軸足をどこに置くべきか、それを知っています。そしてその軸足は決してブレません。ブレないからこそ激変する業界において一定の存在感をアピールすることにつながると確信しています。

ぜひ私たちデキサを今後ともご愛顧いただければと思います。

>>映像制作会社デキサホールディングス(株)会社情報

>>映像制作会社デキサTOPページ

私、奥山の経歴を簡単にご説明します

1968年 東京都大田区生まれ
日本大学文理学部地理学科卒

奧山社長写真私の経歴をザッとご説明します。テレビ朝日の関連会社社員からキャリアをスタートして制作畑で仕事を覚えました。たくさんテレビ番組を制作している大手だったので「あのままあの会社にいたらよかったかもねー」と思う今日この頃。実際のところ独立したことに関してはかなり弱気ですが、暮らし向きは昔より良いので納得していますし、自分のやりたい仕事をできているようにも思うので、結果として良かったのかなと思っています。
その大手制作会社を辞めた後、独立系の制作会社社員ディレクターを経て、テレビ番組のフリーディレクターを長年やりました。この時期が自分にとっては仕事を覚えた時期で、在京キー局のゴールデンタイムを中心に数多くの超有名テレビ番組をたくさん演出させていただきました。多くの制作会社さんやテレビ局さんの仕事をすることができたので、身になる業を学べたと思います。
2002年、医療系をメインにした総合制作プロダクション、シェイクの立ち上げに参加、取締役制作部長・プロデューサー・ディレクターを務めました。この会社で2005年、医療広告賞BHI賞を『JA相模原協同病院ナースリクルートDVD』(監督作品)で受賞しています。ドキュメンタリーは得意ですが、自分でも良い仕事をしたと思っています。
また、数本ですがテレビCMの監督をさせていただいたのも、この時期で、刺激的な仕事が多く、良い経験だったと思っています。

現在は当社、デキサホールディングス株式会社の代表取締役社長という感じの経歴です。

代表ディレクション作品(テレビ番組)

発掘!あるある大事典(関西テレビ)
たけしの万物創世記(朝日放送)
スーパーJチャンネル(テレビ朝日)
スーパーモーニング(テレビ朝日)
トゥナイト2(テレビ朝日)
スポーツシンフォニー(テレビ朝日・プロデューサー兼務) など多数

代表ディレクション作品(パッケージ)

ScienceFactory人体紀行
カタコト会話帳
JA相模原協同病院ナースリクルートDVD(2005年BHI賞受賞)
脳神経外科学会学術総会オープニングロール など多数

テレビCM監督作品

博多一風堂「ラーメンは元気です」編 など多数

CGなどグラフィック担当作品

爆報!THEフライデー(TBS)
中居正広の金曜日のスマイルたちへ(TBS)
新どうぶつ奇想天外!(TBS)
林修先生の今でしょ!講座(テレビ朝日)
林修先生の今やる!ハイスクール(テレビ朝日)
林修のニッポンドリル(フジテレビ)
全力教室(フジテレビ)
実録!金の事件簿(フジテレビ)
陸海空こんな時間に地球征服するなんて(テレビ朝日)
黄金伝説(テレビ朝日)
無人島0円生活(テレビ朝日)
シルシルミシルさんデー(テレビ朝日)
テイバン・タイムズ(BS朝日)
嵐にしやがれ(日本テレビ)
あのニュースで得する人損する人(日本テレビ)
行列のできる法律相談所(日本テレビ)
ZIP!(日本テレビ)
24時間テレビ(日本テレビ)
1周回って知らない話(日本テレビ)
UWASAのネタ(日本テレビ)
超問クイズ! 真実か?ウソか?(日本テレビ)
特命調査機関ゴンゾウ(日本テレビ)
THE突破ファイル(日本テレビ)
ザ!鉄腕!DASH!!(日本テレビ)
なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付(日本テレビ)
あさイチ(NHK)
ランスマ(NHK)
超一般人(フジテレビ)
直撃LIVEグッディ!(フジテレビ)
もしかしてズレてる?(フジテレビ)
99人の壁(フジテレビ)
人気芸能人にイタズラ! 仰天ハプニング(フジテレビ)
情報プレゼンター とくダネ!(フジテレビ)
聞いてた話と違います!(フジテレビ)
訳あり人の駆け込み寺~明日は我が身~(関テレ)
Qさま(テレビ朝日)
ChouChou(テレビ朝日)
ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)
ビートたけしのスポーツ大将(テレビ朝日)
土曜あるある晩餐会(テレビ朝日)
中居正広の身になる図書館(テレビ朝日)
関ジャム 完全燃SHOW(テレビ朝日)
超人女子戦士 ガリベンガーV(テレビ朝日)
世界ルーツ探検隊(テレビ朝日)
ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます(TBS)
クレイジージャーニー(TBS)
水曜日のダウンタウン(TBS)
マツコの知らない世界(TBS)
坂上&指原のつぶれない店(TBS)
ひるおび!(TBS)
アイ・アム・冒険少年(TBS)
プレバト!!(MBS)
ザ!世界仰天ニュース(日本テレビ)
YOUは何しに日本へ?(テレビ東京)
ありえへん∞世界(テレビ東京)
炎の体育会TV(TBS) など多数

番組オープニングロール制作・監督作品

BATTLE★DISH//(MXテレビ) など多数

>>映像制作会社デキサホールディングス(株)会社情報

>>映像制作会社デキサTOPページ

趣味を聞かれることが多いので…

【エンジンのついている乗り物全般】

自動車、バイクなど陸上の乗り物全般。
JAF国内A級ライセンス、サーキットライセンス。
愛車は以下。右巻きな頭なので日本製が好き。

・日産フェアレディZニスモ(Z34)
・マツダベリーサ
・ホンダVTR1000F
・ヤマハYBR125

一般公道では、まるで教習所の運転です。
運転なんてものは器用さや度胸で行うものではありません。(サーキットでも同じですが)事故をせずに安全に家に帰った人が上手いのです。

二輪は昔から好きで、四輪には無い軽さからくるダイレクトな感覚が好き。今は総重量200キロを超える1000ccのに乗っていますが、重さからくる慣性力が強いので動きが鈍重です。よほど体重がある人なら振り回せるでしょうが、私のように体重が55キロ程度しかないライダーにはちょっと重いのかもしれません。もっと軽量な400~600ccくらいがもしかしたら自分の求める世界に近いのではないかと感じはじめています。

【時計】

機械式時計全般。右巻きな頭なので車と同じく日本製が好きですが多少スイス製も。
基本的に時計は好きでも背伸びは絶対しません。ですのであまり高価な時計は持っていません。
特に最近はオリエントの時計が良い造りだと思っており、数を買っています。セイコーはもう言う必要はないでしょう、世界一の時計メーカーだと思っています。
今はノットの時計が良くできているなあと感心しているところです。AT38はいいですよ。すごくいい。シチズンミヨタの90XX系のハイビートムーブメントにザラツ研磨のかかったきれいなケース。最高です。

>>映像制作会社デキサホールディングス(株)会社情報

>>映像制作会社デキサTOPページ