映像制作費用

ズバリ映像制作費はいくら用意すればいいのか?

映像制作料金で制作現場の規模が決まる映像や動画の制作を行うにあたって、まずクライアント様に決めていただかなければならないのが制作費、つまり予算です。制作費は作品制作の作業を行うにあたって最も基本となる要素の一つです。
制作費が決まることによって作品の規模やスタイルが決まり、スタッフをどの程度の人数、どの程度の期間拘束できるかが決まります。つまり予算が決まらないことには、映像制作の大元となる「仕様」そのものが決定できないのです。
デキサでは、まず皆さんに最初にご予算をうかがうようにしています。それは、上記のように制作作業の根幹を決定する要素の一つだからです。
しかしある程度の知識が無ければお客様も自分たちでご予算そのものを決定することができないと思います。そこで、映像制作の料金体系についての弊社の考え方をここにご紹介し、ズバリいくら程度の予算を用意したらいいのか?くわしく解説していきたいと思います。

ズバリ!映像制作費用の相場を見積書で見る!

ズバリ映像制作の料金相場を知るには、過去の実績から見積書を見るのが一番早い方法です。実際に企業様等から見積依頼を受けた際に提出した実績のある金額を基に、見積の事例をご紹介したいと思います。
これらの見積書の作品は企画立案から構成作業、撮影、編集、ナレーション収録、MA(音声制作)など一連の映像制作のワークフロー全体を通しての見積書です。もちろん企画内容によってはもっと安価になることもあれば高くなることもあります。しかし相場観として、どの程度のお金を用意しておけば良いか?という指標には十分価値がある数字だと思います。
なお、この中には完成した映像ファイルを頒布する手段、例えばDVDプレスのための費用やウェブに動画をアップするための費用は含まれません。あくまで「映像ファイルの完成まで」の金額です。これら頒布手段の料金については後述します。

会社案内映像なら80~120万円

会社案内映像制作の見積会社の何を案内するかによりますが、多くの場合で80~120万円程度のご予算が目安となります。尺は5分前後になることが多く、テレビの情報番組のノウハウが最も活きる分野です。

>>会社案内映像の見積事例

商品紹介映像なら90~150万円

商品紹介映像制作の見積商品紹介映像はもっともニーズの多い映像制作の分野です。
一般的に商品をきれいに撮影するためにはスタジオが必要なこともあり、会社案内等と比較すると少し高めの見積になることが多くなります。

>>商品紹介映像の見積事例

CGを活用した商品紹介映像なら150~300万円

CGによる商品紹介動画映像制作医薬品の作用機序を解説したり、工業製品の動作を解説するなど、三次元CGを活用した映像制作です。尺は5分以内と短いですが、三次元CGを使うため見積は高めになります。

>>CG活用の商品紹介映像の見積事例

社員募集映像なら120~200万円

看護師/社員募集動画制作の見積会社案内の要素と、その会社で何を作ってきたのかという、商品紹介の要素も踏まえた映像のため、尺も15分程度になることが多く料金は高めになります。

>>社員募集映像の見積事例

映像制作費用の内訳は?

映像制作の工程と費用映像の制作費は上記のような作業工程を理解することでわかりやすくなります。
大きく分けて、企画や台本、そして演出や制作進行を行う制作スタッフの人件費、撮影を行う技術スタッフの人件費と撮影機材費用、撮影時に使用する様々な美術の費用、編集やMAを行うポストプロダクション、そして最終的にDVDやBlu-rayにオーサリングしたりプレスしたりするパッケージという五つの要素からなります。また、タレントさんを使うなど出演者がいる場合にはそのギャランティを考えなければなりません。
それぞれの項目について詳しくは下記の表をご参照ください。それぞれの項目のリンクから詳しい解説のページをご覧になれますので、参照をお願いします。

>>参考~映像制作の工程

制作スタッフの費用

制作の仕事のイメージ図ここで言う制作スタッフの費用とは、一般的に言われている「制作費」ではなく、狭義での「制作費」、つまり企画立案から台本作成などの最初の段階から、最終の完成品の工程までをコントロールする「制作部」の行動費用となります。機材を使うような性質の部署ではありませんので、ここにかかる費用のほとんどはスタッフの人件費です。

>>制作スタッフの費用

美術費

映像美術のイメージ映像制作における美術費とはロケやスタジオ収録時のスタジオセットの費用やスタジオ費用、並びに小道具や衣装、メイクアップやスタイリストなどの費用となります。 また、広義では編集作業で挿し込むCG映像やフリップという印刷物、そしてイラストなども美術費の中に含む場合があります。

>>撮影美術の費用

撮影技術費

カメラ撮影のイメージ撮影技術費とは撮影に使うカメラを運用するスタッフと機材の使用料が主なものです。本格的な現場になればなるほど 機材費が高額になります。特に放送用と言われているクラスの機材を運用するとなると、それを扱う能力のあるスタッフも必要となります。ここでは使用するカメラのグレード別で撮影技術の費用をご紹介します。

>>撮影技術の費用

動画編集・MA費用

編集MAのイメージポストプロダクション費とは、撮影が終わった後、その収録素材を編集して音声を付けるところまでの費用です。 近年ではコンピュータを使ったノンリニア編集という方法が定着してきておりますので、デジタル化が費用を大幅に下げることにつながった良い例ではないかと思います。

>>動画編集費用・MA費用

CG制作の費用

近年の映像制作現場では、必ずといってよいほど3D-CGが活用されています。CGがあることでカメラでは撮影することができないような概念を視聴者に伝えることができるようになる上、映像作品の中の区切りが明確になるなど、映像業界で言う「間仕切り感」を強くすることができ、作品全体にキレが生まれるという大きな利点があります。
弊社ではCGをメインとした作品でない場合でも、映像制作の全体予算のうち、ほぼ25%前後をCGの予算として考えたほうがバランスが良いとアドバイスさせていただいております。
CG制作費の詳細につきましては以下のリンク先ページに解説がございます。

>>参考~CG制作の費用

イラスト制作の費用

イラストもまた映像のパーツとして使われている表現手法です。映像演出上、わざとリアリティを消したい場合や、抽象的概念をスマートに伝えたい場合などに用いると大変効果的です。
もちろん静止画としてイラストを活用するばかりか、イラストをレイヤー(層)にわけて動かすことで簡易的なアニメーションを制作することも可能です。

>>参考~イラスト制作の費用

完成した映像の頒布・公開方法の費用

完成した映像をDVDにしたり、ウェブで公開するなど、いわゆる頒布手段にかかる費用を概算でご説明したいと思います。余裕を持った相場でご理解いただくためにも「必要にして十分なクオリティ」を提供できるランクの値段を表示いたします。

DVDオーサリング/DVDプレスの費用

渡した人の手元に形として残るのがディスクの強みです。
ここでは完成した映像ファイルをDVD-Video形式にエンコードし、DDPプレスマスターという原盤を作成し、プレスをするというディスク制作の工程に加え、ジャケットデザインを行い、それを印刷するジャケット制作。そしてジャケットやDVDディスクを封入するパッケージングまで、トータルに制作を行うまでの費用を概算でご説明します。

>>DVDオーサリングとプレスの費用

ウェブ公開用/タブレットインストール用動画エンコードの費用

タブレット用映像制作現在最もポピュラーな映像作品の公開方法が、ウェブでの公開です。また、タブレットPCなどのローカル環境にインストールして営業宣材として持ち歩くなどの方法も一般的となっています。
ここではウェブで公開するため、またはタブレットなどポータブルPC向けなど、完成した映像の動画ファイルを用途別に最適なパラメーターでエンコード(変換)する費用を概算でご説明します。

>>PC用動画エンコードの費用

弊社の制作見積は適正価格を遵守しています

弊社がご提案する映像制作環境は、テレビ番組制作の第一線の現場で活躍しているベテランのスタッフと、最高水準の放送規格機材を使用したものです。安価に大量に受注する姿勢はございませんので、クオリティについては安心してお任せください。
また、弊社はテレビ業界の伝統的な流れをくむ会社で、ワークフローや機材などすべての規格が放送制作の現場に準じています。
弊社では無理な価格競争は避けるという方針で「適性価格」での見積作成を遵守しております。テレビ番組制作の第一線で活躍してきたプロのスタッフを投入することができる価格で見積を提出し、実際に誠意ある仕事をさせていただきますので、ご理解をいただければと思います。

特急料金について

弊社ではお客様がお急ぎの場合に限り、特急料金での対応もいたしております。その場合の加算料金は弊社が抱えている仕事の量により変動いたします。
概ねですが、映像制作費全体の2割程度が目安とお考えください。
特急料金は、例えば人員をフリーランスで増員して対応するための人件費や、深夜に及ぶ編集作業などにより発生した宿泊費・深夜宅送タクシー代、24時間体制での制作管理を行うための人件費が主な使い道です。
急げば急ぐほど、こうした制作実費には現れない細かい費用がかかるようになります。ぜひ映像制作は時間に余裕をもってご発注ください。
ただしどうしても特急ですぐ映像が必要な場合などは下記リンクから「特急映像制作」のページをご参照の上、お電話ください。解決策をご提案させていただきます。

>>参考~特急映像制作

効率よい現場運営でコスト圧縮

映像制作の費用を適正に保つコツはたくさんあります。一番重要なのが、「可能な限り作り直しを減らすこと」です。つまり無駄な修正回数を省くことで全体的な工数を減らすのです。
その第一のコツが、最初の段階のクライアント様や監修者様との打ち合わせです。
打ち合わせで制作スタッフが詳細に扱うテーマの知識を頭に叩き込むことで、勘違いをしにくくなります。ちょっとした勘違いが大きな間違いを生む映像制作だからこそ、打ち合わせでスタッフが内容を深く理解することが大切です。
また、第一稿が上がった後に行うクライアント様や監修者様のチェックの方法についても弊社は独自のアドバイスを行って複数回の修正を可能な限り防ぐ努力を行っています。一回目の修正作業で直しても、直した映像にまた二度目の修正指示が入ることがあります。弊社では、チェックを行ってほしい箇所を可能な限り列挙した上でチェックをお願いしています。つまり「第一稿でチェックできるものはすべてチェックしてもらう」というコンセプトです。こうすることでチェックの見逃がしを防止します。見逃しが無ければ無駄な修正回数を減らすことができますので、コストも下がります。

以下のリンクページに、お見積依頼や契約時のお願いが詳しく解説されていますので、ぜひご一読いただければと思います。

>>参考~制作ご発注に際してのお願い

映像の制作費と相見積の相性は?

一般的に企業様の広報映像や商品紹介映像の制作は、複数の映像制作会社に見積依頼を出して業者選定する「相見積」が多いように思います。
しかしこの相見積には大きな落とし穴があります。知っておいて損のない、映像制作費と相見積の相性問題について触れてみたいと思います。

>>相見積について

著作権買い取りのための費用は?

映像には著作権があり、その著作権は制作会社やクリエイターが持っています。しかしこれではお客様が自由に映像を使うことができません。そこでお客様は権利の譲渡を受ける形になりますが、この権利譲渡には費用が発生します。

>>権利譲渡のための費用について

>>映像制作TOP

時代を追いつつ基本に忠実な映像制作技術

デキサはテレビ番組からウェブ動画まで、一貫して「高いクオリティをリーズナブルに」というポリシーで制作を続けています。

映像企画プロデュースプロデュース
プロならではの映像企画の内容をご紹介。
映像演出映像演出
視聴者の眼を釘づけにする映像演出の紹介。
動画撮影/映像撮影技術動画撮影
最新技術を駆使したデキサの映像撮影技術。
映像編集映像編集
作品を活かすも殺すも編集次第。その秘訣を紹介。
映像の音声制作音声制作
ナレーションやBGMなど音声の制作について。
映像制作の費用/料金映像制作費用
気になる映像制作の料金を細かく解説。

>>映像制作TOP

>>映像制作会社デキサTOPページ

メールでのお問合せロゴ