映像制作費用

プレビューの重要性

映像制作の現場では作業途中でお客様に経過をご報告し、私たちの認識に誤りが無いかを確認していただく「プレビュー」という試写の機会があります。このプレビューは映像を間違いなく効率よく制作するためには絶対に必要なものですので、「後で何とかなるだろう」と思わずに、しっかりとご確認をいただきたいと思います。
特にクライアント企業様の窓口となる方と、その上長であり決定権を持つ方が別で分かれている場合、窓口担当者の方が一回目のプレビューでOKを出したにも関わらず二度目のプレビューで上長から別の新しい改編希望をいただく場合がありますが、これは一回目のプレビューにおいてご指摘を頂戴していなかった部分を改編することになりますので、基本的に追加料金となりますのでご注意ください。変更点を改編するために必要な工程すべてにかかった実費と利益分を請求書に加算いたします。

修正と変更の違い

弊社の勘違いなどによって制作前の段階で合意していた内容と明らかに違う内容の動画が出来上がっている場合、もしくは一回目のプレビューの段階で間違いを指摘されていたにも関わらず二度目のプレビューで対処できていない場合など、弊社の落ち度によって内容の改編がさらに必要となった場合などは、「修正扱い」となり、弊社は無償かつ可能な限り迅速に修正作業を行います。

制作前の段階で合意していた内容を制作に入ってからお客様のご都合により覆し改編する場合、またはプレビューを一回行い、その一回目のプレビューでお客様が合意した部分について二度目のプレビューで変更を行う場合は、「一度了承を得て先に作業を進めたにも関わらず、その前提を覆し工数を増やした」ということになりますので、「変更扱い」になり別途料金が発生します。

この「修正」と「変更」の扱いの違いは大原則として弊社では常に意識しつつ守っています。映像の内容を改編する作業の複雑性は私たち専門家にしかわかりません。同じような映像を作っている場合でも、特にクオリティを求める映像を作っている場合は、その「少しのクオリティの違い」のためにまったく違う工程をたどり多大な労力をかけている場合もあるのです。くれぐれも弊社にご希望の作風や内容についてできる限り詳細にお伝えいただき、制作に入ってから覆ることが無いようにお願いを申し上げます。

変更にかかる費用

変更の場合の費用は、作業を前の段階に戻し、その段階からかかった費用をご負担いただく形になります。部分的に済む変更の場合は数日分の費用をご負担いただくだけで済みますが、全体にかかわる「作風の転換」などの場合は時間もかかる上、場合によっては全部の作業をやり直す必要がありますので、納期に間に合わないばかりか、当初予定されていた納期の段階でそれまでにかかった費用を一度ご精算いただき、再度仕切りなおして作業を行う場合があります。

また、あまりに変更が相次いで制作継続が困難と判断した場合はやむ負えず「制作中断」とさせていただきます。この場合はそれまでにかかった費用の一切をご請求申し上げますのであらかじめご了承ください。

>>映像制作費用・見積事例TOPに戻る

メールでのお問合せロゴ