映像制作費用

動画を作ったらまずウェブ公開とタブレットインストール

広報用映像作品などを制作した場合、まずはmpeg4に変換して、ウェブの動画サイトなどにアップロードするのが一般的です。検索をして視聴者自らが積極的姿勢で動画を見てくれますので、圧倒的に広報効果のある手段となっています。
また、動画サイトで活用するファイルはそのままタブレットPCなどでもローカル環境で活用することができます。営業担当者の方々の営業ツールとしてタブレットPCでの動画活用はもはや常識となっています。

>>参考~ウェブ動画制作
>>参考~タブレットPC用動画制作

>>映像制作費用TOP

エンコードの費用

映像ファイルをウェブやタブレット用として一般的なmpeg4ファイルに変換するための費用です。以下に映像ファイル一本あたりのエンコード費用をご紹介します。なお短い動画が複数本ある場合など、一本化されていない場合は別途工数換算で見積りをいたします。

作品時間 単価(弊社の正価)
30分以内 9000円
60分以内 12000円
90分以内 16000円
120分以内 20000円

 
※上記金額は一本化された映像作品を一気にエンコードする場合の料金となります。コマ切れの動画ファイルをそれぞれ個別にエンコードする場合は別途見積をいたします。
※作業の詳細につきましてはウェブ動画制作のページをご覧ください。

>>映像制作費用TOP

メールでのお問合せロゴ