映像制作費用

制作スタッフの費用

制作とは、企画立案のように映像制作工程の最初の段階から、最後の納品までのフロー全体をコントロールする部署のことで、通常、映像制作会社と呼ばれている会社は、この制作業務を中心に行っています。つまり作品の内容を決定した上で制作工程の全般の監理を行うことが制作の仕事となっています。
具体的には、企画や予算管理を行うプロデューサーと、その補佐を行うアシスタントプロデューサー、映像作品の内容を演出しながら最後の工程まで実務を監督するディレクター、そしてその補佐を行うアシスタントディレクター、さらに構成台本の作成や企画の立案作業を行う構成作家、構成を行う上で必要な情報を集めるリサーチャーなどが挙げられます。
通常はこうした制作スタッフは多くの制作会社を行き来しながら仕事を行っているフリーランスが多く、弊社デキサでも自社でまかなえない場合は作品の傾向に合わせたフリーランサーと契約を交わして仕事を行っています。そして、映像制作全般の司令塔としての役割を果たす分だけ、制作スタッフに求められる資質を重要視し、現場投入しているのもデキサの特徴となっています。

>>撮影技術の費用
>>映像制作の費用TOP
>>映像制作TOP

制作スタッフ人件費の相場

人件費の相場はキャリアによっても違いますが、作品制作の最初から最後まで通して担当するため、映像制作費用の中では最も割合が高いのが制作スタッフの人件費です。映像の制作というのは最初の企画から最後の完パケ納品まで短い場合でも一か月から二か月。場合によっては一年近くかかることもあり、その間動くことができる費用をご負担いただくこととなります。
弊社の見積書上では、一作品を最初から最後まで担当した場合の金額を設定しており、下記のような基準で見積もりを計算いたしております。

制作スタッフの人件費相場
プロデューサー 一作品 20万円~60万円
アシスタントプロデューサー 一作品 15万円~45万円   一日3万円~6万円
ディレクター 一作品 20万円~60万円
アシスタントディレクター 一作品 15万円~35万円   一日3万円~5万円
構成作家 一作品 20万円~45万円
リサーチャー 一作品 10万円~30万円

>>撮影技術の費用
>>映像制作の費用TOP
>>映像制作TOP

通常の制作スタッフの編成

弊社では、比較的小規模の作品の場合は台本作成や演出などを一人のディレクターでまかなうことがあります。この場合は作品の規模にもよりますが、演出のみの価格に1.5倍ほどの金額(30万円~40万円程度)ですべて行います。
大人数で分業して制作する場合、意思疎通のために必要なスタッフ間の打ち合わせなどが発生するため、実はスタッフ間の調整などに手間がかかることがありますので、一人のスタッフが多くの仕事を兼務したほうが拘束時間が減るために制作費用が下がる傾向があります。
もちろん規模が大きな作品では、純粋に仕事量の問題から分業制作を行う必要がありますが、小規模作品の場合はディレクター一人での制作も検討するべきでしょう。
ただし、こうした変則的な制作体制は、作品の規模によっては不適切な場合があります。例えばCGを活用した映像制作などでは、CGを制作するスタッフを必要とするためこうした方法論は使えません。また、お急ぎの場合には、ディレクター一人での制作は難しいので、弊社プロデューサーと綿密な打ち合わせを行い、適用を検討してみる必要があります。

>>撮影技術の費用
>>映像制作の費用TOP
>>映像制作TOP

第一線の現場で学んだスタッフを採用しています

制作スタッフに限りませんが、映像制作に携わるスタッフの経験値や実力などは数字で表しにくいものですし、当然料金に置き換えることもまた難しいものがあります。しかし映像制作というのは「人」そのものの経験値がモノを言う世界です。刻々と変化する撮影現場の状況に柔軟に対応することができる映像制作スタッフを現場に投入することができるかどうかが、映像制作会社にとっては生命線でもあります。
弊社作品を担当、または派遣するプロデューサーやディレクターは、通常の場合はテレビ番組制作の現場経験がある者を優先的に採用しています。民放キー局で通用する水準の仕事を放送以外の映像でも活用していただきたいという弊社の理念から、費用は少し高めになりますが、こうした人材を優先的に採用しています。
映像制作を一度でもしたことがあるクライアントの場合はよく知っていることかもしれませんが、民放キー局の現場で活躍してきた制作スタッフが企業広報映像を手掛けることは残念ながら多くはありません。
しかし弊社は第一線のキャリアにこだわります。実際に制作現場を見ていただければわかることですが、テレビを経験してきたスタッフの現場は「映像演出」を重要視する姿勢が明確で、台本にすら書くことができない行間を映像にすることに長けています。
ぜひ、弊社デキサの制作ノウハウをご活用ください。

>>撮影技術の費用
>>映像制作の費用TOP
>>映像制作TOP

ロケ現場写真

メールでのお問合せロゴ