映像制作タイトル

お急ぎの方はご相談ください

デキサでは映像作品・動画作品を急いで必要としているお客様に向け、特急での映像制作サービスを行っています。テレビ番組制作の現場で培った、良質なコンテンツを素早く制作するためのノウハウをそのまま活用し、視聴者に訴求力ある映像を生み出します。
「もう間に合わない」、そうあきらめるのはまだ早いかもしれません。
テレビの本質は報道機関だということです。そして報道の本質は速報性です。その報道の現場を想像してみてください、事件や事故、災害などの現場に即座にクルーを送り、まさにあっという間にセッティングを行い、中継を済ませるなど日常茶飯事の世界、それがテレビという世界です。
「とにかく急いで映像を作りたい」ということでしたら、ぜひ私たちデキサにご相談ください。報道、情報、バラエティと様々な現場を渡り歩いてきたスタッフが、そのノウハウを駆使して可能な限り素早く映像作品をご提供いたします。(※注1)
また、マンパワー的な問題で、どうしても急ぎの仕事に対応できない同業他社様がいらっしゃいましたら、アウトソーシング先として私たちデキサの活用をぜひご検討ください。(※注2)


メールでのお問合せロゴ

テレビの現場で磨かれた最速クラスのスタッフ

報道の現場は言うに及ばず、速報性が命のマスメディアの世界は一分一秒を争う世界です。
例えば報道ほどではないにせよ、速報性を求められる情報番組の場合、台本も作らずにネタだけ決めて午前中に取材やロケを行い、その素材を昼から4時間で編集し、ナレーション原稿を作り、放送前にナレーション収録とMA、そして深夜には放送という現場も存在します。
このようなスケジュールであるにもかかわらず10分以上の尺のVTRを制作することができるという事実が、映像制作者の中でもテレビマンが特別な瞬発力を持っていると言われる理由です。
こうした瞬発力の源は「根性」などという精神論ではありません。例え台本が無いなど厳しい条件下であってもロケ現場で映像作品の内容の流れを常に想定し、編集を前提とした素材収録を行うことができる経験に裏付けられた予測能力と、多くの演出技法を頭の引き出しの中にしまっているテレビマンならではの特別な応用力に支えられているのです。
こうした厳しい現場で闘ってきたノウハウを貴社の映像に役立ててみませんか?
弊社デキサでは、他社様で間に合わないとサジを投げられた案件を数多くサルベージしてきました。素早い瞬発力ある制作体制で、最善の結果を目指すことをお約束いたします。

>>映像制作サービスの詳細

CGも業界最速水準の制作体制

ロケだけでは映像は埋まりません。カメラ撮影による実写素材に加え、イラストやCGといった様々な要素があってはじめて映像作品は一本の作品として成立しているのです。
弊社デキサでは常日頃から在京キー局各局と特急のイラストやCGの制作でお付き合いがあり、過去にも多くの案件で「絶対間に合わない」と言われた仕事を間に合わせ、番組を危機からサルベージしてきました。
特に一般的に長期の制作期間がかかるCGにおいて弊社のスピードは顕著です。数時間での納品など、一般的には不可能と言われるスピード感でテレビ局にCG動画ファイルを投げるためのソリューションがすべてそろっています。というよりも、数時間で仕上げるために会社の中のCG制作に関わる全ての部分を磨き上げ、長期間かけてジリジリとこのスピードを可能にしてきたというのが正しいかもしれません。(※注3)
こうした厳しい現場で培ったノウハウを、ぜひ貴社の映像にお役立てください。

>>参考~CG制作
>>参考~特急CG制作

ジャンルを選ばず特急制作

企業様の広報に、また商品PRに、このスピードを活かしてみませんか?デキサでは様々なジャンルの映像をスピーディに制作いたします。
ご相談、ご発注の際はお急ぎである旨をお伝えください。最初の一歩から可能な限り速やかに対応させていただきます。

医療映像医療映像制作
デキサは医療映像のエキスパートです。
介護映像介護映像制作
介護教材映像などを手掛けた実績多数。
科学サイエンス映像制作科学映像制作
美しく科学の知識を映像化するノウハウ多数。
工業系映像制作工業映像制作
メカニズムや仕組みをわかりやすく映像で表現。
スポーツ映像制作スポーツ映像
スポーツの魅力や強くなるための秘訣を映像化。
テレビCM制作テレビCM制作
広報宣伝の王道!テレビCMを4Kで制作。
会社案内映像制作/企業広報映像制作会社案内映像
会社の魅力を映像で。説得力が違います。
商品紹介動画制作/説明書映像製品紹介映像
商品の魅力や使い方を映像でアピール。
人材募集/リクルート映像制作人材募集映像
会社の魅力を伝えて優秀な人材を集める映像。

契約からスピーディな作業

スケジュールイメージ発・受注のために取り交わす契約も、特急制作の場合は時間を惜しむべき部分です。とはいえ下請法が存在する以上、受注の事実を残さなければ弊社も作業に入れません。
そこで、特急映像制作の場合に限り、ご相談と同時にお渡しできる「発注シート(※注4)」をご用意いたしております。こちらにご記入いただきメールで返送していただければ、作業にとりあえず入れるため時間を無駄にする危険がありません。
作業に入る前段階からスピーディに!こうした細かいフォロー体制もデキサならではの強みです。

>>制作ご発注に際しての注意点詳細

>>映像制作TOP

>>映像制作会社デキサTOPページ

※注1~必ずしも納期をお約束するものではありません。ご希望の日程に可能な限り間に合わせるよう善処をいたします。不可避な事情による納期の遅れはご容赦いただければと思います。あらかじめご了承ください。
※注2~同業の映像制作会社様からの下請(ビジネスプロセスアウトソーシング等)の場合でも、スケジュール調整など制作進行の段階からクライアント様の元へ弊社からプロデューサーを派遣いたします。その場合は元請会社(お客様の会社)の名刺をお作りいただく場合もあります。あらかじめご了承ください。
※注3~特急制作の三次元CGのクオリティはテレビ番組用のCG相当となります。あらかじめご了承ください。
※注4~発注シートの内容は下請法における「3条書面」の要件を満たすものですが、この書面はまず「発・受注の事実」を確認するためのものですので、後日著作権の譲渡なども含めた正式な契約書を交わす必要があります。とはいえ3条書面があることで作業を前倒しで行うことができ、その分の時間を活かせるメリットは特急映像制作の場合計り知れません。

メールでのお問合せロゴ