動画撮影の機材

自社機材による動画撮影の利点

一般的に映像制作会社は撮影機材を自社で持つことはありません。弊社では映像制作会社としての長年の経験から、自社で撮影機材を持つということにこだわります。自社でカメラや三脚、マイクなどを持つことによって、多くのメリットがあり、このメリットは直接的に私たちの仕事の効率や、クライアント様の利益に直結するからです。
例えば撮影という作業を円滑に行うために欠かせないのが機材のメンテナンス状況の把握です。
撮影機材を自社で所有することで、メンテナンスの履歴や機材運用状況の把握といった、信頼性の確保のために必要なデータの把握を行えるようにしています。

操作性を一貫させてミスなどを防ぐ

555-2自社機材を運用することで、現場によって機材が変わるといった際に問題となるオペレーション効率の低下を防いでいます。いつも同じ機材を使っているため、とっさの事態にも対応が可能で、トラブル回避に役立ちます。
特にドキュメンタリーなどでは大切な瞬時の操作も、自社機材なら習熟度が上がるためブラインドタッチによる操作、つまりいちいち目で確認しなくても操作可能となり、決定的な瞬間を逃す可能性を低くすることができます。

ワークフローの効率化

メモリーカートによる撮影映像撮影のフォーマットというものは数多く存在し、それらが業界でのシェア争いを繰り広げています。しかしそれは映像制作を発注なさるクライアント様には関係の無いことです。
カメラの撮影データフォーマットは、その後の作業、特に編集環境に大きな影響をあたえます。弊社は撮影段階からパナソニックのP2という放送用フォーマットを一貫して採用することで制作工程を効率化しています。そのためにも自社機材を導入し、より素早い作業を可能にしているのです。

使用履歴が明確で衛生面での心配がない

ドキュメンタリー映像制作現場機材は機械ですから故障という問題が常につきまといます。自社機材は使用履歴がハッキリしているので、整備状態などを把握しやすい利点があります。
さらにどのような現場で使用したかを把握しているため、例えば機材の衛生管理も徹底することができます。
わかりやすい例で言うと、手術室などの撮影では、不潔なカメラを持ち込むわけにはいきません。自社カメラなら履歴がハッキリしている上、アルコール消毒を行う事も可能ですから、現場に持ち込む際の衛生面での安全性を確保することができるというメリットもあります。
>>映像撮影TOP
>>映像制作TOP

メールでのお問合せロゴ

自社機材紹介

以下が私たちの現場で活用されている撮影機器となります。1/3インチ・2/3インチ型のHDカメラやスーパー35mmサイズの4Kカメラなど、それぞれ画調の違うカメラの特性をよく理解した上で、これらを適材適所で活用しながら、機動性が高く演出がきいた動画素材を収録してまいります。

パナソニックHPX300シリーズ

hpx300デキサの主力取材機がこのHPX300シリーズです。撮像素子は1/3インチ型MOSとなりますので、少しパンフォーカス気味の映像表現となります。パンフォーカス(ピントが合う範囲が広い)のため教材などを制作する場合には特に有効な特性を持っています。
また軽量なボディが特徴で、ドキュメンタリー撮影などに適しており、ファイルコーデックはAVCintra100という高解像度かつ軽量な方式を採用し、フルHD解像度を余裕を持って撮影することができます。
レンズは標準ズームと広角ズームの両方を取り揃えておりますので、どのような局面でも対応できるラインナップを弊社では取り揃えています。
画質に徹する場合は後述する4Kカメラなどの選択肢がありますが、一般的なVP制作では、このシリーズで現場を統一するのがデキサの基本方針です。

ソニーFS7~4Kカメラ

4kfs7250ソニーの最新型4Kデジタルシネマカメラ。撮像素子はsuper35mm規格のCMOSで、マウントはEマウントのため多くのレンズを使用することができます。
毎秒180フレームのハイスピード撮影も可能ですので、スポーツ撮影などに威力を発揮します。
浅い被写界深度を活かした奥行き感の演出や、フォーカス移動による視聴者の目線誘導も行えるため、より映画的なドラマティックな映像を制作することができます。
ベースロッド、フォローフォーカス、マットボックス、拡張ユニット込の運用重量でもHDカメラと変わらないため、アグレッシヴな撮影を行うことができますので、フォーカスマンさえいれば追跡取材なども可能です。
>>4KカメラFS7詳細

パナソニックHPX500シリーズ

hpx500私たちがサブカメラとして活用している自社カメラです。P2メモリー記録のDVCPRO-HD方式による安定した画質と2/3インチ型CCDによる動的な歪みの少ない明るい画質が長所です。
年期が入っていますが、いまだに利用価値の高いカメラです。シネライクガンマなど画質調整の種類も豊富で、作品によってトーンを選択することが可能です。
また、Panasonicのカメラ特有の、明るく、しっとりとした色彩感豊かな画調がよく反映されているカメラで、このカメラでなければ出せない味があり、スペックだけではカメラを語ることはできないという良い事例ではないかと思います。

三脚と雲台

sp002一般的に「三脚」という言葉で片付けられてしまうビデオ用の三脚ですが、三脚とは地面に接している三本の脚のこと。その上に雲台が載って、さらにその上にカメラが載ることで撮影することができます。特に映像用のビデオ三脚は、左右に角度を振る「パン」や縦に角度を振る「ティルト」といった操作を絶えず行う場合が多いため、雲台の存在感が高く、三脚と雲台をわけて考えるのが一般的になっています。
映像のカメラマンにとって三脚と雲台はカメラよりもむしろ撮影にとっては重要と言える機材です。いかにカメラの性能が良く、操作性に優れていたとしても、そのカメラをサポートする三脚と雲台の信頼性が低かったら、どんな失敗の要因になるかわからないからです。以下に弊社が使用している三脚と雲台について触れてみたいと思います。
>>動画撮影用三脚の詳細
>>撮影技術TOP
>>映像制作TOP

メールでのお問合せロゴ

外注の有効活用

自社機材を運用することを基本にしているデキサですが、良いものは外部から取り入れるという方針をとっています。
ここでは柔軟性の高い現場運営についてくわしく触れてみたいと思います。

自社機材で対応できない場合は?

hs002ハイスピードカメラによる撮影が必要な場合など、自社機材で対応できないケースには通常の映像制作会社と同じようにレンタルによる対応を行います。この場合でも弊社は豊かな経験を持っていますので、よりコストパフォーマンスの高い撮影を行うことが可能です。
弊社デキサはポストプロダクション業務においても長年の経験があり、ノンリニア編集については業界に先駆けて導入してきた実績があります。
特にハイスピード撮影などの場合はスタジオ収録などでも変圧器のちょっとした電圧変動による照明の照度の変化が大きく影響しますので、経験豊かなスタッフが求められます。
弊社では多くのスポーツコンテンツでハイスピードカメラを運用してきた実績があり、こうしたトラブル回避のためのノウハウは蓄積されています。安心して撮影をおまかせいただけたらと思います。

機材は自社所有でもカメラマンは外部スタッフ

lca1ここまで自社機材の説明をしてきましたが、近年、多くの映像制作会社が自社機材を持つようになってきているのは周知のとおりです。
とはいえ、弊社の機材は放送の現場でも通用するENGを中心としています。これら優れた機材を運用するためにはプロフェッショナルなスタッフが欠かせません。
弊社ではフリーランサーの多くのカメラマンと協力関係を築いています。そして作品ごとに最適と思われるスタッフを投入して撮影にあたります。
デキサの人員選定は非常にシビアです。シビアな眼に耐えるだけの優れたプロだけがデキサの現場に加わることができます。厳しい現場でふるいにかけられ、映像制作という仕事を根底から理解し、作品ごとの個性である「キモ」を理解できるスタッフのみが残っています。彼らデキサの撮影スタッフは常に最良の結果を生んでくれることでしょう。
>>撮影技術TOP
>>映像制作TOP

メールでのお問合せロゴ