三分間のリクルート社アニメ

ご存知リクルートさんの企業説明会用の動画です。指定で3分という尺でしたから、そこから逆算してコンテを組み上げています。
代理店さんからは特段ご指定はいただかなかったので、部分的にコンテを作成しなおして実制作にあたりました。しかしいくつか、この作品には難しい点もありました。まず、どうしてアニメで制作することになったのか、その理由からご説明しましょう。

「禁止事項」こそアニメの出番

recもし、実写で「○○はやめましょう!!」「××禁止!!」と、ストップばかりかかったら、視聴者はどう感じるでしょうか。実はこの作品はそういう作品だったのです。リクルートさんが開催する企業説明会などのイベントで流れるのですが、基本的に参加している学生さん達に対して「走ってはいけません」「友達とずっとおしゃべりはダメ」「恥ずかしがっていてはいけません」など、注意を促すのがこの動画作品の狙いでした。
そこで私たちは、いわゆる「リアリティ」をいかに消すかという観点から企画を再考し、アニメーションのコンテに反映させる作業から開始しました。
アニメであれば、そもそも「アンリアル」な表現方法ですから、こうした「禁止」を行ったとしても、比較的マイルドに伝わるだろうという計算もありました。

納期までたった三週間

実のところ、この企画がスタートした段階で、残された時間はたった三週間でした。実際に原画をイラストレーターさんに描いてもらう時間を考えると、アニメーションを組み立てるために使える時間はわずかに一週間。
そこで、flashで制作する部分と、AfterEffectsで制作する部分にわけて制作することにしました。実際、すべてflashで制作しなければならないケースというのはあまりありません。アクションスクリプトというflash特有の言語で何かインタラクティブな動きを付ける場合だけflashが活きるのです。動画としての動きなら圧倒的にAfterEffectsやPremiereがキレイです。
本作品は半分がflash、そしてもう半分がAfterEffectsで制作されました。時間的な制約を考えるとベストな判断ではないかと思います。